伊藤美誠、"20歳対決"制す 中南米のエースに勝利<WTTスターコンテンダードーハ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/提供:新華社/アフロ

国際大会 伊藤美誠、“20歳対決”制す 中南米のエースに勝利<WTTスターコンテンダードーハ>

2021.03.11 文:ラリーズ編集部

<卓球・WTTスターコンテンダードーハ 3月5日~13日>

WTTスターコンテンダードーハの女子シングルス準々決勝に伊藤美誠(スターツ・世界ランキング2位)が登場し、アドリアーナ・ディアス(プエルトリコ・同18位)にゲームカウント3-1で勝利した。

>>アドリアーナ・ディアスの使用用具・大会成績・プロフィール

伊藤美誠 vs アドリアーナ・ディアス


写真:WTTコンテンダードーハで優勝した伊藤美誠(スターツ)/提供:新華社/アフロ

今大会第1シードの伊藤は、直前のWTTコンテンダードーハで優勝し、世界ランキング2位に浮上している。今大会も2回戦、3回戦をストレートで危なげなく勝利して準々決勝に勝ち進んだ。


写真:アドリアーナ・ディアス(プエルトリコ)/提供:ittfworld

対するディアスはプエルトリコの若きエースだ。20歳と伊藤ら日本の黄金世代と同世代で、2019年と2020年のパンアメリカンカップで2連覇など、中南米で数多くの成績を残している。武器は男子選手のようなパワフルな両ハンドドライブだ。

伊藤美誠が中南米のエース下す

試合は、台に張り付いて攻める伊藤と、台から距離を取るディアスの戦いとなった。第1ゲームは、台から下がるディアスを振り回した伊藤が11-6で先取した。

しかし、第2ゲームはディアスが伊藤のサービスに対応し、序盤からリードを奪う。このゲームはディアスが11-9で取り返した。

第3ゲームは伊藤のサービスがまたディアスに効き始め、伊藤がゲームカウント2-1と準決勝進出へ王手をかけた。第4ゲームも伊藤は、サービスからのパターンで得点を重ね、ゲームカウント3-1で勝利した。

伊藤は、日本女子唯一の勝ち残り。準決勝では田志希(チョンジヒ・韓国)と対戦する。

女子シングルス準々決勝

〇伊藤美誠 3-1 アドリアーナ・ディアス(プエルトリコ)
11-6/9-11/11-8/11-8

関連記事

>>卓球女子世界ランキング(2021年第10週) WTT優勝の伊藤美誠、自己最高タイの2位返り咲き

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt