卓球日本男子がベスト8進出 “ロンドン五輪から団体戦無敗”水谷隼が最後締める | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:水谷隼(木下グループ)/提供:西村尚己/アフロスポーツ

国際大会 卓球日本男子がベスト8進出 “ロンドン五輪から団体戦無敗”水谷隼が最後締める

2021.08.02 文:ラリーズ編集部

<東京五輪卓球競技 7月24日~8月6日 場所:東京体育館>

2日、東京五輪卓球競技の男子団体1回戦に日本が登場した。オーストラリアを相手に3番シングルスで水谷隼(木下グループ)が勝利し、マッチカウント3-0のストレート勝ちを収めた。

日本男子が完勝

混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷と丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)の左利き同士のダブルスが1番ダブルスで3-0で完勝すると、2番シングルスでは張本智和(木下グループ)がこれまた3-0で勝利。

日本男子団体の勝利に王手をかけた3番シングルスには水谷が登場した。水谷はロンドン五輪、リオ五輪と団体戦では全勝している“団体戦男”は、今大会でも大車輪の活躍が期待されている。

第1ゲームから打って良し、守って良しと水谷の上手さが光る。第1ゲームは4点、第2ゲームは1点と相手を圧倒する。第3ゲームも水谷らしいプレーで得点を重ね、見事チームを準々決勝へと導いた。

勝利した日本は準々決勝でスウェーデンとアメリカの勝者と対戦する。

男子団体1回戦

日本 3-0 ハンガリー

〇水谷隼/丹羽孝希 3-0 フー・ヘミング/ヤン・シン
11-7/11-3/11-8

〇張本智和 3-0 デイビッド・パウエル
11-4/11-9/11-7

〇水谷隼 3-0 ヤン・シン
11-4/11-1/11-9

張本智和 – フー・ヘミング

丹羽孝希 – デイビッド・パウエル

水谷隼インタビュー


写真:水谷隼(木下グループ)/撮影:伊藤圭

>>第1話「全盛期の7割あれば十分」 水谷隼、最後の大舞台へ懸ける思い

>>第2話 「金メダルの可能性は20%」伊藤美誠との“最強ペア”で描く水谷隼のゲームプラン

>>第3話 水谷隼、北京からロンドン、飛躍の4年間 きっかけは“中国武者修行”

>>第4話 水谷隼「一人で強くなってやる」すべては卓球界を変えるために

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt