卓球日本代表を全農が"食"でサポート ラケット型絵馬奉納でエールも<世界卓球2021> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:贈呈式で「ニッポンの食」を手に笑顔を見せる日本代表/提供:全農

大会報道 卓球日本代表を全農が“食”でサポート ラケット型絵馬奉納でエールも<世界卓球2021>

2021.11.22 文:ラリーズ編集部

JA全農は、11月23日よりアメリカのヒューストンで開幕する「2021世界卓球選手権ヒューストン大会」に出場する卓球日本代表選手総勢10名を「ニッポンの食」で応援すべく、11月16日、成田空港で出国前の選手にへ「ニッポンの食」の贈呈を行った。

全農が日本代表を食でサポート


写真:今回提供した「ニッポンの食」/提供:全農

全農は2019年度から、海外ネットワークを活用して現地での食事サポートを本格的に開始した。現地レストランと協力して、輸出した日本産の精米や和牛を使った和食の提供や、補食用のおむすびの提供など、海外でも選手が普段通りのパフォーマンスを発揮できるよう、「ニッポンの食」を通じて応援している。

今回の世界卓球は、新型コロナウイルスの影響で現地でのサポートが困難なため、事前に日本代表選手団の希望商品を聞き取り、商品を提供。JA全農が運営する産地直送サイト「JAタウン」に掲載されている商品や全農ブランド商品を中心とした精米、インスタントごはん、ご飯のおとも、フリーズドライのみそ汁などを出国前に提供した。

応援絵馬1,200枚を奉納


写真:JA全農 広報 ・調査部 新妻成一部長が「ラケット型 絵馬」を奉納/提供:全農

また、全農は11月に「亀戸 香取神社」(東京都江東区・亀戸)へ卓球ファンからの集めた卓球日本代表選手への応援メッセージが書かれたラケット型絵馬を奉納した。

このラケット型の絵馬は、一昨年度に開催された「JA全農ITTF卓球ワールドカップ団体戦2019 TOKYO」と「2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)」の会場に来場した卓球ファンおよび、今年度の「2021年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)」へ出場した選手から寄せられたものだ。

今回の世界卓球選手権での日本代表選手の活躍を祈念し、スポーツ振興の神で知られる「亀戸 香取神社」に約1,200枚の絵馬を奉納。ヒューストンで戦う選手に全国の卓球ファンの想いが届くよう、祈祷いただいたという。


写真:熱い想いの書かれた絵馬/提供:全農

世界卓球2021大会報道記事

>>世界卓球2021大会報道記事はこちら

特集・なぜ世界選手権は特別なのか

>>”史上初”アメリカ開催決定の裏側 世界選手権には卓球人たちの心意気が詰まっていた

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt