【卓球】石川佳純が準決勝進出<アジアカップ女子> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

国際大会 【卓球】石川佳純が準決勝進出<アジアカップ女子>

2019.04.06 文:ラリーズ編集部

<LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2019(横浜文化体育館) 2019年4月5日~4月7日>

6日、横浜文化体育館で開催されている卓球アジアカップ2019は大会2日目を迎え、女子シングルス準々決勝が行われた。

手に汗握る好ゲームは石川に軍配

予選リーグを2勝1敗でC組2位通過の石川佳純(全農・4月度世界ランキング6位)は、予選リーグで平野を破った杜凱琹(中国香港、同12位。Tリーグでは木下アビエル神奈川に所属)と対戦した。Tリーグのチームメイト対決は、お互いに一歩も譲らない大熱戦となったが、石川が4-2で勝利し準決勝進出を決めた。

杜凱琹との対戦直後に石川は「5ゲーム目のデュースでしっかりサーブ三球目で得点したあとに、レシーブを強気でツッツキできたことが勝因。上手くいかないときも、自分を励ましながらやろうと決めていたので踏ん張れた」と振り返った。

平野は朱雨玲に惜敗し5-8位決定戦へ

写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

プレーオフで陳思羽(チャイニーズタイペイ、同24位)を下し、準々決勝に進出した平野美宇(日本生命・同9位)は、予選リーグに続き、朱雨玲(中国、同2位)と対戦。アジアカップ3連覇を狙う朱雨玲に対し、平野は持ち前の高速卓球で食い下がる。平野は第1ゲームを0-5から逆転で奪うなど見せ場を作るも、2-4で惜しくも敗れた。

準々決勝に勝利した石川は準決勝で朱雨玲と、敗れた平野は5-8位決定戦で田志希(韓国、同20位)とそれぞれ対戦する。

アジアカップ2019 女子準々決勝結果

〇朱雨玲(中国) 4-2 平野美宇(日本)
9-11/11-7/11-2/10-12/11-7/11-8

田志希(韓国) 0-4 〇 馮天薇(シンガポール)
2-11/7-11/9-11/7-11

〇石川佳純(日本) 4-2 杜凱琹(中国香港)
11-9/9-11/15-13/9-11/12-10/11-7

陳夢(中国) 4-0 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
W/O

女子予選リーグ・プレーオフ結果

男子ランキング
2020.09.23
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt