【卓球】中国の壁は厚く 石川、絶対女王に惜敗<ITTFブルガリアOP 女子5日目の結果> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー ブルガリアオープン 
2018.8.14〜2018.8.19・ブルガリア

【卓球】中国の壁は厚く 石川、絶対女王に惜敗<ITTFブルガリアOP 女子5日目の結果>

*写真は2018年世界選手権の丁寧(中国)

<ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン(パナギュリシテ)、2018年8月14日〜19日>

18日、ワールドツアー・ブルガリアオープンが5日目を迎え、女子シングルス準決勝までが行われた。

女子一般シングルス準々決勝では、石川佳純(8月度世界ランキング4位・25歳)=全農=が現世界女王の丁寧(同7位・28歳、リオ五輪金メダル2015・2017年世界選手権女子単優勝)=中国=と対戦した。

石川は序盤バックハンド対バックハンドの展開で丁寧を上回り、ゲームカウント2-1とリードする。しかし石川は丁寧の得意技、しゃがみこみサーブ(サーブを打つ際に、しゃがみこむようにしながらボールの落下速度を利用して回転をかけるサーブ)に苦しめられ、流れを取り戻すことができず敗北。昨年に引き続きブルガリアオープン女子単優勝を狙ったが、連覇はかなわなかった。

平野美宇は、今大会で加藤美優(同18位・19歳)=日本ペイントホールディングス=を破った劉高陽(同399位・22歳)=中国=にゲームカウント1-4で敗北。そして準決勝では唯一準決勝まで勝ち残った佐藤瞳(同14位・20歳)=ミキハウス=が今大会伊藤美誠(同6位・17歳)=スターツSC=を倒した王藝迪(同68位・21歳)=中国=にゲームカウント2-4で敗れ、中国選手の前に日本女子主力選手が屈する形となった。

準決勝の結果、女子シングルス決勝は丁寧対王藝迪となった。

女子 ブルガリアオープン5日目の結果

女子一般シングルス 決勝トーナメント

<準々決勝>
石川佳純 2-4 ○丁寧(中国)
11-8/10-12/11-7/4-11/8-11/7-11

平野美宇 1-4 ○劉高陽(中国)
8-11/9-11/11-2/7-11/4-11

<準決勝>
佐藤瞳 2-4 ○王藝迪(中国)
11-7/11-9/7-11/4-11/10-12/6-11

文:ラリーズ編集部
写真:ロイター/アフロ

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.02.23
世界
日本
1
樊振東(中国)
17001 pt
2
許キン(中国)
15835 pt
3
林高遠 (中国)
15031 pt
1
張本智和(日本)
14625 pt
2
丹羽孝希(日本)
12466 pt
3
水谷隼(日本)
12165 pt
女子ランキング
2019.02.23
世界
日本
1
丁寧 (中国)
16515 pt
2
朱雨玲 (中国)
16059 pt
3
陳夢 (中国)
15699 pt
1
石川佳純(日本)
15248 pt
2
伊藤美誠(日本)
13880 pt
3
平野美宇(日本)
13065 pt
SNS
FOLLOW US