戸上・宇田の高校生ペア 地元ペア完封で本戦へ<卓球・オーストラリアOP> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン
2019年7月9日~2019年7月14日・ジーロング
2019.07.10

戸上・宇田の高校生ペア 地元ペア完封で本戦へ<卓球・オーストラリアOP>

写真:戸上隼輔(野田学園高校・写真右)/宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園・写真左)ペア/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

大会2日目となる10日、男子ダブルスの予選が行われ、日本からは戸上隼輔(7月世界ランキング175位・野田学園高校)/宇田幸矢(同99位・JOCエリートアカデミー/大原学園)が登場した。戸上と宇田はともに高校3年生。2019年全日本ジュニアでは、決勝で相まみえたライバル同士だ。

予選の相手は地元オーストラリアのペアで、序盤から戸上/宇田ペアが圧倒した。ストップレシーブで相手に先手を取らせないかと思えば、チキータから速攻を畳みかける。戸上/宇田ペアは終始相手ペアに何もさせず、ストレートの圧勝に終わった。

難なく予選を通過した2人は、11日からの本戦でどのような活躍を見せるのか期待が高まる。

詳細スコア


写真:本戦での活躍も見逃せない戸上隼輔(野田学園高校・写真右)/宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園・写真左)/撮影:ラリーズ編集部

○戸上隼輔/宇田幸矢 3-0 DHOORIA Rohan/GOULD Benjamin(オーストラリア)
11-3/11-2/11-3

大会1日目の結果はこちらから

大会2日目の見どころはこちらから

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.04.10
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.04.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
15080 pt
1
伊藤美誠(日本)
15080 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US