孫穎莎を追い詰めた石川佳純、上位進出なるか<オーストラリアOPシングルス見どころ> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン
2019年7月9日~2019年7月14日・ジーロング
2019.07.08

孫穎莎を追い詰めた石川佳純、上位進出なるか<オーストラリアOPシングルス見どころ>

写真:好調の石川佳純(全農)は中国選手を破って優勝なるか/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアープラチナ・オーストラリアオープン 2019年7月9日~7月14日>

韓国オープンが終了し、7月18日からマレーシアで行われるT2ダイヤモンドまでの間に、プラチナ大会であるオーストラリアオープンが7月9日から開催される。今回はオーストラリアオープンの男女シングルスの見どころを紹介する。

男子シングルス組み合わせと見どころ


写真:韓国オープンでの丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

日本男子は16名がエントリー。シングルスでは張本智和(7月世界ランキング4位・木下グループ)、丹羽孝希(同12位・スヴェンソン)水谷隼(同13位・木下グループ)の3人は本戦から登場する。

張本智和は5月の中国オープンで初勝利したリアム・ピッチフォード(同15位・イングランド)、丹羽孝希はワールドツアー2連覇中の許昕(同1位・中国)、水谷隼は6月のジャパンオープンで逆転負けを喫した梁靖崑(同6位・中国)のいる山にそれぞれ入った。過去許昕に勝利したことがある丹羽孝希は、許昕を止めることはできるか。

予選から出場する吉村真晴(同40位・名古屋ダイハツ)は、韓国オープンで張本智和を破った王楚欽(同71位・中国)と対戦する可能性がある組み合わせに。韓国オープンでは孫聞(同223位・中国)にリベンジを果たし、中国選手に勝てる力を示すも本戦にはなかなか出場できていない。今大会では本戦でその姿を見られるか期待だ。

また、Tリーグにも参加表明している田添響(同619位・木下グループ)は、世界選手権3位の実力を誇る安宰賢(同77位・韓国)と対戦する。武器である威力抜群のバックドライブでどこまで勝ち進むか必見だ。

女子シングルス組み合わせと見どころ


写真:韓国オープンでの芝田沙季(ミキハウス)/撮影:ラリーズ編集部

女子は16名がエントリーしている。石川佳純(同6位・全農)、伊藤美誠(同7位・スターツ)、平野美宇(同9位・日本生命)、芝田沙季(同15位・ミキハウス)、佐藤瞳(同16位・ミキハウス)の5人は本戦からの登場になる。

韓国オープンでは孫穎莎(同11位・中国)に逆転負けを喫したものの、攻撃的なプレーでベスト8入りした石川佳純。今大会でも引き続き好調を維持し、上位進出なるか。

また、芝田沙季は世界選手権金メダリストの劉詩雯(同2位・中国)のいる山に入っている。世界ランキングは国内4番目の芝田は、劉を倒して上位に乗り込み、東京五輪代表争いでも十分に存在感をアピールしたいところだ。

予選から登場する早田ひな(同39位・日本生命)は李佳燚(同139位・中国)と初戦で戦う。韓国オープンの予選から実に4試合連続で中国選手との試合になる。韓国オープンでは劉詩雯に敗れ、ベスト32に終わったが、今大会では上位進出へと期待がかかる。

16歳・期待のカットマン相馬夢乃(同109位・遊学館高校)は、同じくカットマンでベテランのハン・イン(同36位・ドイツ)と対戦する。ハン・インはリオ五輪でドイツ女子団体準優勝に大きく貢献した実力者。福原愛をも破った強敵に、相馬の実力がどこまで通用するか目が離せない。

オーストラリアオープン・ダブルス見どころ

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.09.22
世界
日本
1
許キン(中国)
15645 pt
2
樊振東(中国)
15200 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13345 pt
2
丹羽孝希(日本)
11200 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.09.22
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15020 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
伊藤美誠(日本)
12710 pt
2
石川佳純(日本)
13133 pt
3
平野美宇(日本)
12050 pt
SNS
FOLLOW US