ジンタクが松平健太の堅守を打ち破り本戦進出 「健太さんの分まで頑張りたい」<韓国OP> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアー・韓国オープン
2019年7月2日~2019年7月7日・プサン
2019.07.03

ジンタクが松平健太の堅守を打ち破り本戦進出 「健太さんの分まで頑張りたい」<韓国OP>

写真:決勝トーナメントへの切符を手にした神巧也T.T彩たま)/撮影:ラリーズ編集部

<ITTFワールドツアー・韓国オープン 2019年7月2日~7月7日>

3日、韓国オープンは大会2日目、勝者が決勝トーナメントに進出できる男子シングルス予選3回戦。日本の神巧也(7月世界ランキング143位・T.T彩たま)と松平健太(同55位・ファースト)が本戦出場をかけて戦った。

神は、予選2回戦でレシーブに苦しみながらも得意のラリー戦で勝利をもぎ取った。対する松平は、予選2回戦で2011年世界選手権ダブルス3位の金珉鉐(同1043位・韓国)に完勝している。来シーズンともにT.T彩たまで戦うチームメイト同士での対決となる。

神は出だしからバックドライブのつなぎを上手く活かし、得意のフォアハンドで得点を重ねた。対する松平も多彩なブロックやカウンターで応戦するも、神の勢いは止まらず、神が2ゲームを連取。その後も両者互いに譲らない接戦を繰り広げたが、神が最後まで強烈なフォアドライブを武器に攻め続け、松平の堅い壁を打ち破った。

神は先日のジャパンオープンに引き続き、決勝トーナメントへと駒を進めた。本戦ではどこまで勝ち進むか注目だ。

試合後のコメント


写真:勝利のガッツポーズを決める神巧也/撮影:ラリーズ編集部

松平とは練習する機会は多かったものの、試合で勝ったことがなかったという神は「課題であるディフェンスやバック系の技術のプレーができたので、フォアで決めやすくなった。普通だと(松平)健太さんとやると振り回されるが、今回はバックが上手く使えたのが勝因。」と試合を振り返った。

また本戦出場を決め、「本戦は健太さんの分までしっかり頑張りたい。誰が相手でも本気で勝ちに行くつもりでやる。わざわざ韓国に応援に来てくださる日本人の方もいるので、応援してくださるファンのためにも1球1球全力でやりたい。」とファンを大事にするジンタクらしいコメントを残した。

詳細スコア


写真:松平健太(ファースト)/撮影:ラリーズ編集部

○神巧也 4-2 松平健太
11-8/11-8/7-11/11-6/4-11/11-3

水谷・伊藤の混合ダブルスは好スタート

ジンタク、予選2回戦を突破

文:ラリーズ編集部
コメント
0
男子ランキング
2020.07.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.04
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US