南米の天才・カルデラノ大暴れ 2種目制覇<卓球・パンアメリカン競技大会2019 単複> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
南米の天才・カルデラノ大暴れ 2種目制覇<卓球・パンアメリカン競技大会2019 単複>
2019.08.08

南米の天才・カルデラノ大暴れ 2種目制覇<卓球・パンアメリカン競技大会2019 単複>

写真:ダブルス優勝のヒューゴ・カルデラノ(左)とグスターボ・ツボイ(どちらもブラジル) /提供:ittfworld

<パンアメリカン競技大会2019リマ・卓球競技 8月4日~8月10日>

4年に一度開催される南北アメリカ大陸のスポーツの祭典、パンアメリカン競技大会がペルー・リマで行われている。4日(現地時間)から卓球競技が始まり、シングルス、ダブルス、団体の3種目が1週間に渡って行われる予定だ。

今大会、ブラジルのヒューゴ・カルデラノ(8月世界ランキング6位)やアメリカのカナック・ジャ(同33位)、今年のパンアメリカンカップを優勝しているアドリアーナ・ディアス(同30位・プエルトリコ)など、世界でも活躍する選手が多く出場しており、レベルが高い。

その中でも今大会最注目選手、南米の天才・カルデラノは周囲の期待にしっかりと応え、見事シングルス優勝を果たした。またグスターボ・ツボイ(同32位・ブラジル)と臨んだ男子ダブルスでも優勝を果たし、2冠を達成している。一方、カナックは男子シングルス、混合ダブルスで3位と、優勝には1歩届かなかった。

また女子は、ディアスがシングルス、女子ダブルスで優勝し、混合ダブルスでも3位入賞と大暴れ。圧倒的な強さを見せた。

アドリアーナ・ディアス、ブライアン・アファナドール
写真:混合ダブルス銅メダルのアドリアーナ・ディアス(右)とブライアン・アファナドール(どちらもプエルトリコ)/提供:ittfworld

シングルス、ダブルスは全種目が終了したが、8日からは団体戦がスタートする。カルデラノ率いるブラジル、ディアス率いるプエルトリコは勢いそのままに優勝なるか。カルデラノとディアスの3冠に期待が高まる。

男子シングルス最終結果

1位:ヒューゴ・カルデラノ(ブラジル)
2位:ウージャーフォン(ドミニカ共和国)
3位:ワン・ユージン(カナダ)、カナック・ジャ(アメリカ)

女子シングルス最終結果

1位:アドリアーナ・ディアス(プエルトリコ)
2位:ウー・ユエ(アメリカ)
3位:メラニー・ディアス(プエルトリコ)、ブルーナ・タカハシ(ブラジル)

男子ダブルス最終結果

1位:ヒューゴ・カルデラノ/グスターボ・ツボイ(ブラジル)
2位:ALTO Gaston/CIFUENTES Horacio(アルゼンチン)
3位:ブライアン・アファナドール/ダニエル・ゴンザレス(プエルトリコ)、ウージャーフォン/SANTOS Emil(ドミニカ共和国)

女子ダブルス最終結果

1位:アドリアーナ・ディアス/メラニー・ディアス(プエルトリコ)
2位:ウー・ユエ/チャン・リリー(アメリカ)
3位:チャン・モー/CÔTÉ Alicia(カナダ)、ARGÜELLES Camila/CODINA Ana(アルゼンチン)

混合ダブルス最終結果

1位:ワン・ユージン/チャン・モー(カナダ)
2位:グスターボ・ツボイ/ブルーナ・タカハシ(ブラジル)
3位:ブライアン・アファナドール/アドリアーナ・ディアス(プエルトリコ)、カナック・ジャ/ウー・ユエ(アメリカ)

【動画】テニス・錦織圭さながらの“股抜きショット”をカルデラノが披露

文:ラリーズ編集部

コメント
0