23歳・ラーネフールが初V 決勝で世界卓球2位のファルク下す<スウェーデンツアー> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:エリアス・ラーネフール(スウェーデン)/提供:ittfworld

国際大会 23歳・ラーネフールが初V 決勝で世界卓球2位のファルク下す<スウェーデンツアー>

2020.09.03 文:ラリーズ編集部

<卓球・スウェーデンツアー2020第2戦 8月28日~30日・ハルムスタッド>

スウェーデン国内で開催されているスウェーデンツアー第2戦が行われ、男子シングルスではエリアス・ラーネフール(最新世界ランキング204位・スウェーデン)が初優勝、女子シングルスではクリスティーナ・ケルベリ(同197位・スウェーデン)が2連覇を飾った。

>>第1戦の結果はこちら 卓球スウェーデンツアー、ケルベリ兄妹が優勝 妹・クリスティーナは二冠

女子はケルベリが2連覇

スウェーデンツアーは、12月18日から20日にエスロフで開催されるスウェーデンツアーファイナルに向けて、5つのトーナメントが予定されている。ツアーに割り当てられた賞金総額は約40,000ユーロで、第1戦は男子がアントン・ケルベリ、女子はクリスティーナ・ケルベリと兄妹がアベック優勝を勝ち取っていた。

第2戦となった今大会は、世界ランキング204位の23歳・ラーネフールが、決勝で2019年世界卓球準優勝のマティアス・ファルク(同9位・スウェーデン)を下すジャイアントキリングを起こし、栄冠に輝いた。

写真:クリスティーナ・ケルベリ(スウェーデン)/提供:ittfworld
写真:クリスティーナ・ケルベリ(スウェーデン)/提供:ittfworld

一方、女子はクリスティーナ・ケルベリが第1戦に続き優勝を掴みとり、大会2連覇を果たした。

第3戦は9月25日から27日の日程で開催される。

男子シングルス結果

準決勝

〇エリアス・ラーネフール 3-2 メフディ・ボウロッサ(フランス)
〇マティアス・ファルク 3-0 ファビアン・オーケストロム(スウェーデン)

決勝

〇エリアス・ラーネフール 3-1 マティアス・ファルク

女子シングルス結果

準決勝

〇クリスティーナ・ケルベリ 3-1 ベルグストローム・リンダ(スウェーデン)
〇ミエ・スコフ 3-0 オードリー・ザリフ(フランス)

決勝

〇クリスティーナ・ケルベリ 3-2 ミエ・スコフ(デンマーク)

>>ユニクロ、東京五輪に向け“チーム スウェーデン”結成 卓球界からは元世界王者ら3名

男子ランキング
2021.03.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
12943 pt
2
許キン(中国)
12082 pt
3
馬龍(中国)
11914 pt
1
張本智和(日本)
9093 pt
2
丹羽孝希(日本)
6605 pt
3
水谷隼(日本)
6332 pt
女子ランキング
2021.03.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
13825 pt
2
孫穎莎(中国)
11480 pt
3
伊藤美誠(日本)
11081 pt
1
伊藤美誠(日本)
11081 pt
2
石川佳純(日本)
7770 pt
3
平野美宇(日本)
7487 pt