3人の“MIYU”が予選トーナメント2回戦を突破【卓球・ITTF中国オープン女子1日目の結果】


*写真は左から加藤美優、長崎美柚、前田美優
<2018年5月29日〜6月3日 ITTFワールドツアー・中国オープン (深セン)>

2018年中国オープン 大会初日の結果

5月29日から開催されている卓球・中国オープンの大会初日、女子シングルス予選トーナメント1〜2回戦に、日本女子から加藤美優、長崎美柚、木原美悠、大藤沙月、森さくら、橋本帆乃香、芝田沙季、浜本由惟、塩見真希、前田美優、安藤みなみ、松平志穂、梅村優香の13名が登場。うち9名が勝ち残り、予選トーナメント3回戦に駒を進めた。

3人の“MIYU”が予選トーナメント3回戦に進出

今大会の女子シングルスには、世界ランキングトップ10のうち1位の陳夢(中国)、10位の劉詩雯(中国)をのぞく8名がエントリーしており、他のITTFワールドツアーと比べてレベルが高い。

ラリーズでは、この世界最高峰の舞台に日本から4人の若き“MIYU”がエントリーしていることに注目した。5月度世界ランキングの高い順に加藤美優(20位・日本ペイントホールディングス・19歳)、前田美優(同45位・日本生命・22歳)、長崎美柚(68位・JOCエリートアカデミー/大原学園・16歳)、そして木原美悠(同86位・JOCエリートアカデミー・14歳)の4名だ。

初戦となる2回戦では、加藤がバーボラ・ベラゾバ(スロベニア)に、前田が林佳慧(チャイニーズタイペイ)にそれぞれストレートで快勝すると、世界卓球2018日本代表に抜擢された長崎も、ベテランの黄怡樺(107位・チャイニーズタイペイ・34歳)をストレートで下した。黄怡樺は2011年に世界ランキングを17位まで上げていた実力者だ。

4人目の”MIYU”こと木原美悠は、中国の劉斐にストレートで敗退。劉斐は2015年のドイツオープンでベスト8、世界ランキング23位といった実績があるものの、しばらく国際大会に不出場だった。

今大会にエントリーしている日本女子選手のうち、この後、一番勝ち上がるのは誰なのか。目が離せない。

2018年中国オープン:主な日本選手の結果

女子シングルス予選トーナメント

<1回戦>
梅村優香 4-0 キンガ・ステファンスカ(ポーランド)
11-7/11-7/11-6/11-5

松平志穂 4-3 YANG Xiaoxin(モンゴル)
11-8/6-11/11-2/6-11/11-9/7-11/11-8

<2回戦>
芝田沙季 4-2 邱嗣樺(チャイニーズタイペイ)
11-4/11-6/11-7/9-11/7-11/11-9

前田美優 4-0 林佳慧(チャイニーズタイペイ)
11-8/11-7/11-6/11-6

加藤美優 4-0 バーボラ・ベラゾバ(スロベニア)
12-10/11-6/11-8/11-9

橋本帆乃香 4-0 林珀璇(チャイニーズタイペイ)
11-3/12-10/11-4/11-6

大藤沙月 4-3 ZHOU Yihan(シンガポール)
4-11/11-1/3-11/11-9/11-8/7-11/11-9

浜本由惟 4-2 松平志穂
11-8/9-11/8-11/11-7/11-7/11-9

塩見真希 2-4 劉昱昕(チャイニーズタイペイ)
8-11/9-11/7-11/11-9/11-7/8-11

梅村優香 2-4 LIN Ye(シンガポール)
11-5/10-12/10-12/11-6/7-11/9-11

森さくら 4-2 李幼芃(チャイニーズタイペイ)
14-12/7-11/11-7/9-11/11-9/11-8

木原美悠 0-4 劉斐(中国)
6-11/6-11/8-11/8-11

長崎美柚 4-0 黄怡樺(チャイニーズタイペイ)
11-9/11-8/11-6/11-7

安藤みなみ 4-2 李昱諄(チャイニーズタイペイ)
11-9/21-10/7-11/11-13/11-4/11-2

文:ラリーズ編集部
写真:getty、田村翔/アフロスポーツ、Imaginechina/アフロ

関連リンク

【特集:東京2020期待の星】打倒中国の切り札!?全日本ジュニア女王、長崎美柚
【特集:東京2020期待の星】みうみま世代のホープ、加藤美優
【今日の1試合】誰もが惚れる15歳 長崎美柚(ミユウ)のボールタッチ|卓球動画
【今日の1試合】勝負を分けた長崎の「閃き」とは|卓球動画
石川佳純が3位キープ、世界卓球8勝の伊藤美誠が自己最高5位|卓球女子世界ランキング(5月発表)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする