平野美宇、4連敗を喫した因縁の中国選手と31日対戦【卓球・ITTF中国オープン女子2日目の結果】


*写真は2018年アジアカップの平野美宇(日本生命)
<2018年5月29日〜6月3日 ITTFワールドツアープラチナ・中国オープン (深セン)>

2018年中国オープン 大会2日目の結果

5月29日から開催されている卓球・中国オープンの大会2日目、シングルス予選トーナメント3回戦に前田美優、加藤美優、芝田沙季、大藤沙月、浜本由惟、橋本帆乃香、森さくら、安藤みなみ、長崎美柚の9名が登場。うち加藤、芝田、浜本、橋本、安藤の5名が決勝トーナメント進出を決めた。

加藤、芝田、浜本、橋本、安藤が予選突破。群雄割拠の決勝トーナメントへ

30日、予選トーナメント3回戦が行われ、決勝トーナメントの顔ぶれが出揃った。

芝田沙季(5月度世界ランキング24位・ミキハウス)は韓国のJUNG Yumi(韓国)に、浜本由惟(同37位・木下グループ)は大藤沙月(103位・ミキハウスJSC)、橋本帆乃香が先日の香港オープンシングルス初戦で石川佳純を破った李恩惠(136位・韓国)にそれぞれストレートで快勝し、予選を突破した。

加藤美優(同20位・日本ペイントホールディングス)が、2014年には世界ランキング22位まで上げていた26歳の呉穎嵐(81位・中国香港)をゲームカウント4-2で撃破すると、21歳の安藤みなみ(79位・専修大学)が、蘇慧音(29位・中国香港)にゲームカウント4-1で圧勝した。蘇慧音(29位・中国香港)は近年コツコツとワールドツアーに参戦し、力をつけてきている20歳だ。

一方、世界卓球2018の日本代表に選出された15歳、長崎美柚は、ソフィア・ポルカノバ(17位・オーストリア)にストレートで敗北し、ポルカノバに世界卓球予選リーグでストレート勝利した先輩・伊藤美誠に続くことはできなかった。

決勝トーナメント初戦の注目は平野美宇と顧玉婷(同32位・中国)だろう。顧玉婷は去年のグランドファイナルでベスト4の実力者だ。

実は平野は去年、カタールオープン、オーストラリアオープン、オーストリアオープン、そしてワールドツアー・グランドファイナルでいずれも顧玉婷に敗北し、上位進出を阻まれている。平野が苦手とする顧玉婷を攻略することはできるのか注目だ。

2018年中国オープン:主な日本選手の結果

女子シングルス予選トーナメント

<3回戦>
前田美優 1-4 顧玉婷(中国)
11-9/7-11/6-11/7-11/5-11

加藤美優 4-2 呉穎嵐(中国香港)
8-11/11-8/11-2/7-11/11-1/11-3

芝田沙季 4-0 JUNG Yumi(韓国)
11-8/11-4/11-9/11-4

浜本由惟 4-0 大藤沙月
11-7/11-5/11-9/11-6

橋本帆乃香 4-0 李恩惠(韓国)
11-6/11-5/11-8/11-6

森さくら 0-4 リン・イエ
*森さくらが棄権のため不戦敗

安藤みなみ 4-1 蘇慧音(中国香港)
11-8/9-11/11-9/11-5/11-7

長崎美柚 0-4 ソフィア・ポルカノバ(オーストリア)
8-11/7-11/6-11/8-11

2018年中国オープン:大会3日目初戦の組み合わせ

女子シングルス

<1回戦>
安藤みなみ vs 朱雨玲(中国)
芝田沙季 vs 徐孝元(韓国)
加藤美優 vs 杜凱栞(中国香港)
平野美宇 vs 顧玉婷(中国)
佐藤瞳 vs リン・イエ(シンガポール)

女子ダブルス

<1回戦>
石川佳純/平野美宇 vs 曾尖/周一涵(シンガポール)
伊藤美誠/早田ひな vs ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)/YANG Xiaoxin(モンゴル)

ミックスダブルス

<1回戦>
森薗政崇/伊藤美誠 vs ルーウェン・フィルス/ハン・イン(ドイツ)

文:ラリーズ編集部
写真:ラリーズ編集部

関連リンク

みうちゃんが“ももクロ”の曲に合わせてキレキレダンスを披露【卓球・ITTF Ask A Pro Anything】
“みうみま”のみうちゃんに意外なアスリート達との交友関係が! 
【特集:東京2020期待の星】みうみま世代のホープ、加藤美優
石川佳純が3位キープ、世界卓球8勝の伊藤美誠が自己最高5位|卓球女子世界ランキング(5月発表)
東京2020のメダリスト最有力候補!平野美宇選手に注目!

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする