名電のエース田中が森薗下し3連勝<ライオン卓球ジャパンOP荻村杯・男子2日目結果>


<LION卓球ジャパン・オープン荻村杯 北九州大会、2018年6月6日〜10日、北九州市立総合体育館>

卓球・ジャパンオープンの大会2日目となった7日、日本男子は4名がシングルス予選トーナメントに出場し、吉村和弘(愛知工業大)と田中佑汰(愛工大名電高)が8日から始まる決勝トーナメントへの進出を決めた。

今大会予選トーナメント2連勝で勢いに乗る田中佑汰は森薗政崇(FPC)に対し、要所で得意の豪快なバックハンドを決め、4−3で勝利した。

田中は「憧れの選手だったので全部思い切ってやるという気持ちでコートに入った。ですが最後の一本が(ネットインだったため)申し訳ないという気持ちが強い。代表に選ばれたからには多く勝ちたいと思っていたので3勝出来て自信になった。」と試合を振り返った。

また、5月の香港オープンで優勝し、ワールドツアー2連勝を目指す吉村和弘は、世界選手権ダブルス優勝経験のある陳建安(チャイニーズ・タイペイ)に対し、2ゲームを先取されるも、ミスの少ない丁寧なプレーであっさり4ゲームを連取し、決勝トーナメント進出を決めた。「2ゲームを連取されての苦しいスタートだったが、まずは最低ラインの決勝トーナメント進出をクリアできた。自分のしたいプレーをするのではなく、相手の嫌がるプレーをすることが勝ちに繋がると思う。決勝トーナメントでは中国選手を倒したい」とコメントした。

専修大学3年でドイツ・ブンデスリーグ挑戦中の及川瑞基は、接戦で韓国選手に敗れた後「前回勝っている選手だったが、対策をされた。思い通り行かない展開になった時にどう巻き返すかが自分の課題。気持ちを切り替えて夏は国内の学生の大会で優勝を狙い、秋からはドイツ(参戦中のブンデスリーグ)で勝率を上げたい。」と敗戦の弁を述べた。

尚、3日目に勝ち残った田中佑汰はドイツの英雄・ティモボルと、吉村和弘は日本人世界ランキング最上位の丹羽と、8日の決勝トーナメントで対戦する。

卓球ジャパンオープン男子シングルス(2日目)結果

<予選トーナメント3回戦>
吉村和弘(愛知工業大)4-2陳建安(チャイニーズ・タイペイ)
6-11/3-11/11-5/11-6/11-3/11-5

及川瑞基(専修大学)3-4黄民河(韓国)
6-11/11-9/11-9/8-11/11-3/3-11/9-11

田中佑汰(愛工大名電高)4-3森薗政崇(FPC)
2-11/11-9/7-11/11-9/13-11/8-11/11-9

文:ラリーズ編集部
写真:松尾/アフロスポーツ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする