【卓球】16歳の長崎美柚が同世代カットマン破り好発進<ITTF韓国オープン1日目>


*写真は2018卓球ワールドツアージャパンオープン荻村杯の長崎美柚(JOCエリートアカデミー)

<ITTFワールドツアープラチナ・韓国オープン(大田)、2018年7月17日〜22日>

今年の世界選手権のメンバーに抜擢された16歳の期待の新星、長崎美柚がITTFワールドツアー韓国オープン1日目、U21シングルスと一般シングルスに登場した。

長崎はU21の2回戦で名門・遊学館高校に通う15歳の相馬夢乃と対戦。相馬夢乃はフォア面に回転に変化をつけやすい異質ラバー、バック面に回転をかけやすい裏ソフトラバーを貼る珍しいカットマン(通常はフォア面に裏ソフトラバー、バック面に異質ラバーを貼るカットマン選手が多い)であり、バックハンドでも威力のある攻撃ができる。

また、相馬夢乃は2017年のITTFワールドカデットチャレンジで3冠に輝き、今年2月に開催されたITTFジュニアサーキット・スウェーデン大会でもシングルス優勝を飾るなど実績もある。

フォア面で変化の強いカット、バック面では回転量が豊富なカットや攻撃と、やりづらい選手との対戦であったが、長崎はそこをもろともせず、相馬夢乃をストレートで撃破し、U21の準々決勝に駒を進めた。

また、女子シングルスでも18歳・インドの若手選手に対しストレートで快勝し、本戦出場に弾みをつけた。

長崎美柚 韓国OP1日目の結果

<U21 1回戦>
長崎美柚 3-0 KIM Regina(ウズベキスタン)
11-6/11-3/11-9

<U21 2回戦>
長崎美柚 3-0 相馬夢乃
11-8/11-4/11-9

<女子シングルス 予選>
長崎美柚 4-0 SELVAKUMAR Selena(インド)
11-1/11-4/11-7/11-5

文:ラリーズ編集部
写真:千葉格

関連リンク

【特集:東京2020期待の星】打倒中国の切り札!?全日本ジュニア女王、長崎美柚
【今日の1試合】誰もが惚れる15歳 長崎美柚(ミユウ)のボールタッチ|卓球動画
【今日の1試合】勝負を分けた長崎の「閃き」とは|卓球動画
【卓球・インカレ女子】早稲田が激戦制し3連覇
朱雨玲が4か月ぶりのトップ|女子世界ランキング(7月最新発表)

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする