【卓球】加藤美優がロンドン銅メダリストを破る<ITTF韓国OP 3日目>


*写真は2018ジャパンオープン荻村杯の加藤美優(日本ペイントホールディングス)

<ITTFワールドツアープラチナ・韓国オープン(大田)、2018年7月17日〜22日>

19日、韓国オープン3日目は、女子の一般シングルス本戦と、ダブルス本戦が始まった。

シングルスに登場した加藤美優(7月度世界ランキング18位・日本ペイントホールディングス)がロンドン五輪銅メダリストの馮天薇(同12位・シンガポール)にゲームカウント4-2で快勝した。

加藤はしゃがみ込みサービスや”ミユータ”と称されるバックハンドでの回転レシーブなど、テクニックが多彩で戦術の幅の広さが魅力の選手だ。

現在19歳の加藤は、中学時代には全日本選手権女子シングルスで2年連続ベスト16入りを果たしたほか、全日本ジュニアでも平野美宇を破って優勝するなど、福原愛や石川佳純以来の快挙を成し遂げた。また、2017年の世界ジュニア選手権では2大会連続のシングルス銅メダルと、中国の台頭著しいジュニア世代でも実績を残してきた期待の選手だ。

今回の馮天薇戦では、序盤はお互いに譲らぬ展開でゲームカウント2-2となるも、加藤が回転の変化が分かりにくいしゃがみこみサーブ(サーブを打つ際に落下するボールに合わせてしゃがみ込むように打球するサーブ)を多用し、馮天薇のレシーブミスや甘いレシーブを誘い、試合を有利に進めた。また、ラリーになっても台から下がらない高速卓球で馮天薇を圧倒し、ゲームカウント4-2で見事ベテラン相手に勝利を収めた。

次の対戦相手は格上・世界ランク1位の朱雨玲(中国)となる。

加藤美優 韓国オープン3日目の結果

加藤美優 4-2 馮天薇
11-6/11-13/11-7/9-11/11-6/11-8

文:ラリーズ編集部
写真:千葉格/アフロ

関連リンク

東京五輪競技スケジュール発表、卓球は7/25から
【卓球】16歳長崎ら5名が予選突破 中国トップ勢が待つ決勝Tへ<ITTF韓国オープン 2日目女子の結果>
【卓球】U21男子で三部航平が準優勝<ITTF韓国オープン 2日目男子の結果>
【卓球】13歳木原が長崎制し、U21優勝<ITTF韓国OP 2日目>
朱雨玲が4か月ぶりのトップ|女子世界ランキング(7月最新発表)

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする