【卓球のための左腕】「フォトショ…?」森薗政崇が肉体改造の成果を披露、左腕に注目


*写真は森薗政崇(岡山リベッツ)

ITTFの名物解説者・アダム・ボブロウが19日、インスタグラムを更新。先日の大島祐哉に続き、日本人卓球選手の写真が投稿された。登場したのは森薗政崇。大島と同じくブルガリアオープンに参戦している。

投稿にはToo bad he’s right-handedと投稿され、森薗の右腕と左腕の太さの違いにアダムも目を見開き、驚きを隠せない。投稿にはThis was not photoshopped(フォトショップは使ってないよ)とコメントもついている。

2017年7月ごろの森薗政崇の左腕。右腕に比べ1.5倍程度太くなっていることが伺える。
写真:伊藤圭

森薗は2015年の世界卓球の準々決勝で負けて以降、肉体改造に着手しており、以前ラリーズの取材に「利き手である左手は右腕の1.5倍ほどの太さになった」と答えている。

今回投稿された写真ではさらに左腕の筋肉に磨きがかかりもはや右腕の2倍ほどの大きさに達している。森薗の左腕はこれからどんな唸りを見せるのか。引き続き豪快な森薗のプレーに注目だ。

文:ラリーズ編集部
写真:伊藤圭

関連リンク

【卓球】張本下した好調松平が銀メダル<ITTFブルガリアOP 男子6日目の結果>
【卓球】“かすみま” が若手中国ペア破り優勝<ITTFブルガリアOP 6日目結果>
帰って来た天才・松平健太 張本を破り決勝進出<卓球・ITTFブルガリアOP 男子5日目の結果>
【卓球】その筋肉、もはや刃牙!大島祐哉が上裸で逆立ち、肉体美を披露
張本智和が6位 自己最高をまたも更新|男子世界ランキング(8月最新発表)

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする