「プロ卓球選手、ゲームやってる説」を検証 最強は誰だ


*写真は水谷隼(Tリーグ・木下マイスター東京)

プロ卓球選手、と聞いて我々が思い浮かべるのは、大きな目標に向けて日々己の限界に挑戦する鉄人のような姿であるが、彼らも卓球台を離れれば、我々と同じように日常を過ごし、趣味を楽しむ。そんな顔も持ち合わせている。

ラリーズ編集部ではそんなプロ卓球選手達の素顔を探るべく、今まで色々な調査を行ってきたが、ふと、ある“説”が思い浮かんだ。

それは「プロ卓球選手、実は結構ゲームやってる説」だ。我々がこの仮説を導き出したのは、水谷隼(Tリーグ・木下マイスター東京)が最近の手術を報告するツイッターで「術後の経過は順調です^ ^ 今月は卓球も筋トレも出来ない体なので毎日嫁に手伝ってもらってストレッチ どれだけ柔らかくなるのか楽しみである スーファミ買いました」というツイートをしていたり、

岡山リベッツからTリーグに参戦する吉田雅己が、ゲーム好きが講じてゲーム制作会社「ケイブ」とスポンサー契約を締結したニュースを見たことがきっかけである。

ナショナルチーム内での流行りは「クラッシュロワイヤル」


早速、以前独占インタビューを行った吉村和弘(Tリーグ・岡山リベッツ)に聞いて見たところ、ナショナルチーム内では、スマホアプリ「クラッシュロワイヤル」が流行っているそう。

このゲームは、トレーディングカードゲーム、タワーディフェンスを融合させたもので、オンライン上で複数のプレーヤーとリアルタイムで対戦することができる。

選手に無理を承知でクラッシュロワイヤルのベストスコアを拝見させていただき、ラリーズ独自のランキングを作成した。

男子卓球選手、クラッシュロワイヤルスコアランキング

1位:水谷隼(Tリーグ・木下マイスター東京)(今期ベストスコア:5074)

水谷隼のスマホ画面
写真:ラリーズ編集部


2位:田添響(Tリーグ・木下マイスター東京)(今期ベストスコア:4361)

田添響のスマホ画面
写真:ラリーズ編集部


3位:田添健汰(Tリーグ・木下マイスター東京)(今期ベストスコア:4344)

田添健汰のスマホ画面
写真:ラリーズ編集部


4位:森薗政崇(Tリーグ・岡山リベッツ)(今期ベストスコア:4319)

森薗政崇のスマホ画面
写真:ラリーズ編集部


5位:吉村和弘(Tリーグ・岡山リベッツ)(今期ベストスコア:4057)

吉村和弘のスマホ画面
写真:ラリーズ編集部

卓球は、1対1であらゆる選択肢から緻密な戦略を考え、スピーディーに実行していくことが求められるため、卓球選手がクラッシュロワイヤルのような戦略が重要になるゲームにハマるのは納得がいく。そして選手に聞き込みをする中で、「クラッシュロワイヤルにおいては水谷さんが最強です。」と言われるなど、水谷隼はその駆け引きの上手さから、卓球のみならず、ゲームにおいても強さを発揮しているようだ。

しかし、まだまだ我々もリサーチが浅い。吉村和弘や兄の吉村真晴(Tリーグ・T.T彩たま)、有延大夢(日本リーグ・リコー)らは「スターホースポケット」という競馬のゲームで勝負勘を養っているという。まだまだ卓球トップ選手同士のゲーム対決には広がりがありそうである。ラリーズでは引き続きこの「プロ卓球選手、ゲームやってる説」を調査していく。

文・写真:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする