Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 大会日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2018.12.28

【卓球・Tリーグ】石川佳純が2勝で貢献 KA神奈川は12月負け無し<12/27KA神奈川vsニッペM>


写真:石川佳純(木下アビエル神奈川)/©T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 12月27日(木)高砂総合体育館>

12月27日、高砂市にてノジマTリーグが行われ、木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)と日本ペイントマレッツ(以下、ニッペM)が対戦した。

試合は第5マッチにもつれる接戦になったが、最後はエース石川佳純が勝ち切り、KA神奈川が勝点を38(11勝2敗)に伸ばし、首位を維持した。KA神奈川は12月の試合を無敗で終えた。

勝利後のインタビューでは、ダブルスに登場した木原美悠が、地元兵庫県での勝利に喜びの気持ちを語った。

KA神奈川 VS ニッペM 各マッチの解説

1番:長﨑美柚/木原美悠 2-0 馮天薇/李皓晴

試合の流れを作る第1マッチには、長﨑美柚/木原美悠ペア(KA神奈川)と、馮天薇/李皓晴ペア(ニッペM)が起用された。第1ゲーム(11-9)、第2ゲーム(13-11)ともに接戦になるも、Tリーグ以外でもダブルスを組むことが多い、長崎/木原ペアが勝負強さを発揮し、KA神奈川に先制点をもたらした。

2番:浜本由惟 0-3 加藤美優

第2マッチには、KA神奈川が浜本由惟 、ニッペMが加藤美優を起用した。ここまでのTリーグでシングルス4戦全勝の加藤に対し、浜本がどこまで食らいつけるか、注目が集まった。第1ゲームを加藤が取って迎えた第2ゲーム12-13の場面、浜本が痛恨のサーブミス。これで流れが完全に加藤に傾き、加藤がストレート勝ちを決めた。

3番:石川佳純 3-1 松平志穂

マッチカウント1-1で迎えた大事な3番、KA神奈川はエース石川佳純を起用。対するニッペMからは松平志穂が登場し、卓球の名門・四天王寺高校の先輩後輩にあたる2人の対戦が実現した。石川が1ゲーム先制するが、松平も1ゲーム返して食らいつく。しかし第3ゲームを石川が8連続得点などで取得すると、勢いそのままに石川が後輩を下した。

4番:袁雪嬌 0-3 馮天薇

勝利に王手をかけたKA神奈川は、石川と並びエース級の活躍をしている袁雪嬌を起用した。一方、後がないニッペMは頼れる助っ人・馮天薇を置いた。10月26日にも両者は対戦しており、その際は袁がストレートで勝利を収めている。しかし、今回の試合は馮が主導権を握った。ハイレベルなラリー戦になるも、馮が第1ゲームを11-8で奪う。袁も粘るが、有効な打開策が見つからず、馮がストレート勝利でリベンジを果たした。

5番:石川佳純 1-0 加藤美優

Tリーグ独自ルールで第5マッチは1ゲーム先取のヴィクトリーマッチになる。この短期決戦に登場したのは、両チームともに日本人エース。石川と加藤のハイレベルなラリーが期待されるカードに、会場も盛り上がりを見せた。緊張感が高まる中で試合が始まったが、厳しいコースにドライブを決める石川。中盤で加藤を一気に引き離し、11-6で試合を決めた。

石川佳純vs加藤美優、意地のエース対決(ダイジェスト動画より)

KA神奈川は勝ち点を38にし、首位を独走する。これで年内のTリーグは終了。2位の日本生命レッドエルフはKA神奈川に追いつくことができるのか。

12/27 KA神奈川 3-2 ニッペM

◯長﨑美柚/木原美悠 2-0 馮天薇/李皓晴
11-9/13-11

浜本由惟 0-3 ◯加藤美優
7-11/12-14/3-11

◯石川佳純 3-1 松平志穂
11-6/9-11/11-4/11-8

袁雪嬌 0-3 ◯馮天薇
8-11/7-11/6-11

◯石川佳純 1-0 加藤美優
11-6

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」