Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 試合日程 チーム・選手 コラム ランキング
Tリーグ
公開日 2019.09.01

侯英超「調子をキープできている」 水谷敗れるもKM東京2連勝<卓球・Tリーグ>

侯英超

写真:個人でも開幕2連勝の侯英超木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 8月31日(土)アリーナ立川立飛>

31日、ノジマTリーグで木下マイスター東京(以下、KM東京)が琉球アスティーダ(以下、琉球)と対戦。

全日本優勝経験のある水谷/大島ペア、水谷隼、丹羽孝希に加え、全中国選手権優勝の侯英超という豪華オーダーのKM東京が琉球を3-1で下し、開幕戦から2連勝。2連覇に向けて幸先いいスタートダッシュを決めた。

>>Tリーグ参戦カットマン・侯英超、19年振りV<卓球・全中国選手権>

1番:水谷隼/大島祐哉 2-0 李平/木造勇人

李平/木造勇人
写真:苦しい流れが続く李平/木造勇人ペア(琉球アスティーダ)。これからに期待だ/撮影:ラリーズ編集部

KM東京は、今シーズン初起用の水谷/大島ペアに対して、琉球は前戦に続き李平/木造ペア。積極的な攻撃で先手を取り、ラリーの主導権を握ったKM東京ペアが試合を優位に進めていった。水谷/大島が繰り出すストレートへの返球が効果的だった。KM東京ペアが2-0のストレートで快勝し、チームに流れを与えた。

水谷/大島
写真:水谷/大島ペア(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

>>大島祐哉 “大学は人生の夏休みじゃない” キャリア支える早稲田の4年間

2番:侯英超 3-1 荘智淵

2番シングルスの大きな分かれ目は、ゲームカウント1-1の第3ゲームであった。9-5と荘智淵がリードを広げたが、「勝つことだけを考えていた」と侯英超は粘りのプレーで9-9まで追いつく。荘智淵がゲームポイントを握るも、2本連続で打ち合いを制した侯英超が大逆転で第3ゲームを取った。第4ゲームは、勢いに乗った侯英超が荘智淵を寄せ付けず圧倒。回転量の多いカットと時折見せるパワフルなドライブが荘智淵を苦しめた。

荘智淵
写真:激しいラリー戦を展開し、場内を沸かせた荘智淵(琉球アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

侯英超、魂のこもったガッツポーズ

3番:水谷隼 1-3 朱世赫

朱世赫
写真:驚異的な守備範囲を見せた朱世赫(琉球アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

これまで何回も対戦している両者。この試合も白熱したラリーを展開。水谷がパワードライブを打ち込み、朱世赫がそれを凌ぐ。観客は1本1本のラリーに魅了されていた。今回は、カットだけでなく攻撃の量を増やした朱世赫の勝利。朱世赫の守備範囲もかなり広いが、攻撃を増やすことによって水谷を撹乱し、点を重ねていった。

水谷隼
写真:水谷隼(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

>>日本人キラーを探せ!Tリーグ参戦海外選手の対日本人成績まとめ

4番:丹羽孝希 3-0 陳建安

丹羽孝希
写真:4番で快勝しチームの勝利を決めた丹羽孝希(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

丹羽、陳ともに今シーズンシングルス初出場となったこの一戦。丹羽の精度の高いカウンターで、陳建安はどうしても台から下げられてしまう展開が多くなる。また、丹羽のサービスやチキータも決まっていた。試合後「2ゲーム目からチキータのコースを変えていった」と語ったように作戦の変更が丹羽の勝利を後押しした。

>>ダブルス世界王者、陳建安の琉球アスティーダへの思い「初代チャンピオンを目指す」

木下マイスター東京・侯英超 試合後のコメント

全中国選手権で優勝した調子をキープできている。試合では勝つことだけを考えてプレーしている。

試合に集中していて、ベンチに戻ったら監督とお互いの意見を言い合う。作戦を擦り合わせてまたコートに戻る。こういう交流をできるともっといい試合ができると思う。

>>【最新版】2020.1卓球五輪代表決定へ 佳境を迎える世界ランキング争い

スコア:KM東京 3-1 琉球アスティーダ

◯水谷隼/大島祐哉 2-0 李平/木造勇人
11-7/11-7

◯侯英超 3-1 荘智淵
10-11/11-5/11-10/11-4

水谷隼 1-3 ◯朱世赫
10-11/9-11/11-9/9-11

◯丹羽孝希 3-0 陳建安
11-9/11-8/11-8

文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
侯英超
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」