Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 試合日程 チーム・選手 コラム
Tリーグ
公開日 2020.02.11

TT彩たま、2位浮上 激しいファイナル進出争いで一歩リード<卓球Tリーグ・結果速報>


写真:松平健太T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

11日、ノジマTリーグ男子の試合が行われ、プレーオフ・ファイナル進出をかけて争うT.T彩たま(以下、TT彩たま)と琉球アスティーダ(以下、琉球)が対戦した。

第1マッチ、第2マッチのフルゲームを制したTT彩たまに軍配があがり、琉球と順位が逆転。TT彩たまが2位に躍り出た。両チームともレギュラーシーズンは、あと2試合を残している。

ダブルスと松平がフルゲームを制す


写真:神巧也(右)とウォン・チュンティン(T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

第1マッチは、琉球が吉村真晴/リ・ピン、TT彩たまが神巧也/ウォン・チュンティンを起用。終盤のラリー戦を制したTT彩たまペアがフルゲームを制して、チームに貴重な先制点をもたらした。

続く第2マッチシングルスは大激戦になった。木造勇人(琉球)が松平健太(TT彩たま)のサーブに第1ゲームから対応を見せ、1ゲームを先取する。第2ゲームは流れが一転し、松平が10-2と大量リードを奪った。

しかし、木造がここから息を吹き返し怒涛の8連続得点。10-10の1本勝負でも木造がサーブでチャンスを作ったものの3球目攻撃を空振りし、松平がゲームカウント1-1に追いついた。そこから11-10で互いにもう1ゲームずつを奪い合うと、最終ゲームもデュースにもつれ込んだが、最後は松平が高いラリー力で木造を下した。

吉村が一矢報いる


写真:吉村真晴(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

ハーフタイムを挟んだ第3マッチでは、神巧也(TT彩たま)がチュ・セヒョク(琉球)を3-1で下し、チームに勝利をもたらした。

2位争いをする両チームにとって、マッチカウント3-0で迎える第4マッチの意味は大きい。もしTT彩たまが4-0で勝てばボーナス勝ち点として1点が加えられた“4点”が加算されるためだ。

その状況の中で、なんとしても勝ちたい琉球ベンチからは吉村真晴が第4マッチに出場した。対するは実力者・ピッチフォード(TT彩たま)。今シーズンのTリーグで既に2度対決しており、ともにピッチフォードが勝っていたが、今回は気合十分で臨んだ吉村に軍配があがった。この吉村の勝利により、TT彩たまの勝ち点は3に抑えられる結果になった。

TT彩たまはこの勝利で勝ち点を37に伸ばし、勝ち点36の琉球を追い抜き2位に浮上。首位の木下マイスター東京を追いかける両者は、16日のレギュラーシーズン最終戦でも対戦する予定だ。

全試合ダイジェストはこちら

スコア:琉球 1-3 ◯TT彩たま


写真:木造勇人(琉球アスティーダ)/提供:©T.LEAGUE

吉村真晴/リ・ピン 1-2 ◯神巧也/ウォン・チュンティン
11-8/4-11/9-11

木造勇人 2-3 ◯松平健太
11-6/10-11/11-10/10-11/11-13

チュ・セヒョク 1-3 ◯神巧也
9-11/11-8/6-11/8-11

◯吉村真晴 3-1 リアム・ピッチフォード
11-9/9-11/11-5/11-9

文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球メディア|Rallys(ラリーズ)