丹羽孝希、水谷隼との"五輪代表左腕対決"制し「自信になった」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ビクトリーマッチに勝利しガッツポーズを見せる丹羽孝希(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグ 丹羽孝希、水谷隼との“五輪代表左腕対決”制し「自信になった」

2020.12.15 文:ラリーズ編集部

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン 12月15日(火)>

Tリーグサードシーズン男子の試合が10日行われ、岡山リベッツ(以下、岡山)が木下マイスター東京(以下、KM東京)をマッチカウント3-2で下した。東京五輪代表の丹羽孝希(岡山)が、同じく五輪代表の水谷隼(KM東京)に勝利し、岡山に今季2勝目をもたらした。

>>東京五輪卓球代表・丹羽孝希、5年間交際の一般女性と入籍 「2人で幸せな家庭を」

五輪代表左腕対決

マッチカウント1-1で回ってきた第3マッチ、丹羽と水谷の東京五輪代表左腕同士の対決となった。


写真:水谷隼(写真奥)vs丹羽孝希(写真手前)/提供:©T.LEAGUE

両者は、青森山田中高、明治大学を経てプロ選手と同じ道を歩み、リオ五輪では団体メンバーとして銀メダルを獲得した日本を代表するサウスポーだ。昨年は東京五輪のシングルス代表の2枠目を最後まで争い、わずかな差で丹羽が代表の座を手にした。水谷は団体と混合ダブルス代表に内定している。

日本最高峰の左腕対決は、1ゲーム目を5-9から逆転で奪取した丹羽がゲームカウント3-1で逃げ切った。丹羽は水谷との対戦を「Tリーグでは過去にも勝っている。(国際大会とは違う)5ゲームマッチで展開も早い。こちらの方がチャンスはあると改めて思った」と振り返った。


写真:丹羽に敗れた水谷隼(木下マイスター東京)/提供:©T.LEAGUE

また、テンポの速さが丹羽の特徴の1つでもあるが、そのことについては「勝っているときは色々考えるが、負けているときは速くなる。今回は、なかなか良い作戦が浮かばなかったのでテンポを速くして流れを変えたかった」と意図的だったことを明かした。

ビクトリーマッチでは後輩に勝利

第4マッチで及川瑞基(KM東京)がサティアン・グナナセカラン(岡山)を完封し、試合は1ゲーム勝負のビクトリーマッチにもつれこんだ。岡山からは丹羽、KM東京からは及川が登場し、青森山田中高の先輩後輩対決となった。結果は11-7で丹羽に軍配が上がった。


写真:丹羽孝希(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

丹羽は「ビクトリーマッチはすごく緊張した。1本目に大きいラリーをとられて嫌な流れだったが、サーブが効いて勝ててよかった」と冷静にコメント。


写真:ビクトリーマッチに勝利しガッツポーズを見せる丹羽孝希(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

勝利の瞬間見せたガッツポーズについてはこう語る。「VMは1ゲーム勝負で選手がすごく苦しい。単純にこの1ゲーム集中していて、この1ゲームに勝ったことに対して(ガッツポーズが)出た」。

「前回、(琉球戦で)戸上に0-3に負けてちょっと自信がなくなっていた。今日、水谷さん含めて2点取れたのが自信になった。まだファイナル進出の可能性が残っているので精いっぱい頑張ります」と今後の戦いに向け、気を引き締めた。

木下マイスター東京 2-3 岡山リベッツ

〇水谷隼/田添健汰 2-0 森薗政崇/町飛鳥
11-9/11-5

侯英超 1-3 〇上田仁
11-6/5-11/8-11/10-11

水谷隼 1-3 〇丹羽孝希
10-11/7-11/11-10/6-11

〇及川瑞基 3-0 サティアン・グナナセカラン
11-5/11-5/11-6

及川瑞基 0-1 〇丹羽孝希
7-11

丹羽孝希インタビュー

>>丹羽孝希「卓球やめるかも…」熾烈な五輪代表争いの心中

>>丹羽孝希「4年後のパリ五輪も目指す」天才サウスポーが描く未来

>>丹羽孝希が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt