石川佳純「毎回レベルアップしてその先に五輪」チームは6連勝で首位キープ | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:石川佳純(木下アビエル神奈川)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグ 石川佳純「毎回レベルアップしてその先に五輪」チームは6連勝で首位キープ

2020.12.20 文:ラリーズ編集部

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン 12月20日(日)>

Tリーグサードシーズン女子の試合が20日行われ、木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)が日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)にマッチカウント3-1で勝利を収めた。試合前、勝ち点で並んでいたKA神奈川と日本生命だったが、KA神奈川が直接対決を制し6連勝と一歩抜け出した。

早田ひなが1枚上手


写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/提供:©T.LEAGUE

第1マッチダブルスを制したKA神奈川は、2番に木原美悠を起用した。対する日本生命からはエースの早田ひなが登場した。息をつく暇のないラリー戦となった試合は、早田に軍配が上がった。


写真:木原美悠(木下アビエル神奈川)/提供:©T.LEAGUE

日本生命の村上恭和総監督は「前回負けている木原が良く考えてきていた。バックドライブを早田のフォアに良い弾道で打っていた。ただ、それに対応できた早田が一枚上だったね」とエースの奮闘を称えた。

「今は試合ができるのが貴重な機会」


写真:陳思羽(日本生命レッドエルフ)/提供:©T.LEAGUE

続く第3マッチでは長﨑美柚がフルゲームの激戦を制し、勝利に王手をかけた。この状況で第4マッチに登場したのは、KA神奈川のエースで主将の石川佳純だ。日本生命は陳思羽(チェンズーユ・チャイニーズタイペイ)を投入するも、石川が要所を締めて勝利。マッチカウント3-1でKA神奈川が首位攻防戦を制した。

パワーあるフォアドライブが持ち味の陳思羽に対し、石川は「自分はスピードが特徴。パワーある選手にはスピードで押して、チャンスを作って攻めていく」と速攻で白星を引き寄せた。


写真:石川佳純(木下アビエル神奈川)/提供:©T.LEAGUE

主将の石川はチームメートへの感謝も忘れない。「今日は厳しい試合になると思っていた。チームメートのみんなが厳しい試合を乗り越えて点数をとって、2-1で回してくれた。4番は精神的には有利にプレーできた」。

石川は「今は試合ができるのが貴重な機会。毎回レベルアップしていけるように。その先に五輪がある。今は目の前の1戦1戦を戦っていきたい。まだまだ中盤戦なので、今日勝てたのは嬉しいですけどまだまだこれから」と先を見据えた。


写真:木下アビエル神奈川メンバー/提供:©T.LEAGUE

木下アビエル神奈川 3-1 日本生命レッドエルフ

長﨑美柚/浜本由惟 2-1 赤江夏星/前田美優
7-11/11-7/14-12

木原美悠 2-3 〇早田ひな
11-10/7-11/9-11/11-2/8-11

〇長﨑美柚 3-2 于梦雨
11-8/10-11/8-11/11-6/11-6

〇石川佳純 3-1 陳思羽
11-9/7-11/11-6/11-7

早田ひなインタビュー

>>早田ひな Tリーグ初のMVP 卓球三昧の18歳は「楽しさを忘れない」

>>早田ひな「楽しい卓球」から「楽しめる自分」へ たどり着いた新たな強さ

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

Tリーグ2020.12月前半女子月間ハイライト

ダブルスを制すものがTリーグを制す!?『データでみるTリーグ

ダブルスで勝利するとその試合に勝つ確率は70%以上ってホント?
サーブよりレシーブで点数を稼ぐ選手は存在する?
Tリーグ出場選手の最も多い年代は25〜29歳?

データから読み解く、卓球「Tリーグ」の魅力。日本卓球界に新たに誕生したTリーグ。「いまさら聞けない」Tリーグの基礎知識から、観客動員数、外国人選手の貢献度まで、どこよりもわかりやすく解説します。

>>電子書籍 データでみるTリーグはこちら

男子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt