Enjoy T.LEAGUE by Rallys Enjoy T.LEAGUE by Rallys
Rallys
ニュース&記事 試合日程 チーム・選手 コラム
Tリーグ
公開日 2019.02.20

【卓球・Tリーグ】キャプテン・吉村真晴が意地の勝利! ホームで貴重な勝ち点3

吉村真晴(T.T彩たま)

写真:吉村真晴T.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 2月19日(火)高砂市総合体育館>

2月19日、高砂市総合体育館にてT.T彩たま(以下、彩たま)と琉球アスティーダ(以下、琉球)の試合が行われた。
彩たまはこの試合を終えると、残り2試合。勝点28で3位の彩たまがこの試合に敗北した時点で、勝ち点38で2位の岡山リベッツには追いつけなくなり、ファイナル進出の可能性が消えるという重要な一戦となった。

しかし結果は、彩たまがヴィクトリーマッチまでもつれる接戦を制し、プレーオフファイナルへ一縷の望みをつないだ。また、この試合が終了した時点で、勝点40で首位の木下マイスター東京は勝点31で3位のT.T彩たまに追い抜かれる可能性は無くなり、一足先にファイナル進出を決めた。

T.T彩たま VS 琉球アスティーダ 各マッチの解説

1番:チョン ヨンシク/平野 友樹 2-0 有延 大夢/丹羽 孝希

彩たまからは17日の岡山戦に続いてチョン・平野ペア、琉球からは丹羽・有延ペアが登場した。丹羽は2試合ぶりの出場となった。両ダブルスは12月10日にも対戦しており、その時はチョン・平野ペアが2-0で勝利していたが、今回も同じ結果に。

第1ゲームはまさかの展開から始まった。なんと、チョン・平野ペアが10連続得点したのである。この試合にどれだけ気合が入っているかが伝わってくる。そこから3点返されるもこのゲームは彩たまのものに。

続く第2ゲームはお互いに一歩も引かない展開に。先に相手にゲームポイントを握られるも、最後はチョン・平野ペアが粘り勝ちした。

2番:黄 鎮廷 1-3 荘 智淵

この勢いのまま連取したい彩たまは香港のエース・黄を起用、対する琉球はベテランの荘を起用。11月21日の同カードの対戦ではフルゲームの末、荘が勝利していたが、やはり今回も3-1で荘に軍配が上がった。

第1ゲームからデュースになったこの試合。13-13の場面で黄がタイムアウトを使うも、このゲームを取られてしまう。今考えると、タイムアウトを使った上でこのゲームを取れなかったのは黄にとっては痛かった。

ゲームカウント0-2で迎えた第3ゲーム、6-8からの5連続得点でこのゲームをものにし一矢報いるも、第4ゲーム2-6から荘に逆転負けを喫した。さすがはベテランといったところか、最後は経験値で上回った荘に軍配があがったという印象である。

3番:チョン ヨンシク 3-2 陳 建安

マッチカウント1-1で迎える3番、彩たまはエースのチョン、琉球は陳を起用した。彩たまとしては、相手の4番に丹羽が控えていることを考えると、ここは絶対に落としたくない。

第1ゲームから一進一退の攻防でどちらも譲らない。チョンが8-8に追いつく場面では、見ごたえのあるラリーに観客も引き込まれた。続く第2ゲームは陳に7連続得点を許し取られるも、3,4ゲームは取って取られてという展開に。

迎えた最終ゲーム、先にポイントをとられるも5連続得点でエースのチョンが意地の勝利を果たした。この勢いのまま、彩たまはキャプテン吉村に勝利を託すことに。

4番:吉村 真晴 1-3 丹羽 孝希

ここで勝ちきりたい彩たまからはキャプテンの吉村、落とせない琉球からはエース丹羽が登場。吉村は最後に出場した12月10日の琉球戦から約2ヶ月ぶりの出場となった。

第1,2ゲームと先に取られてしまった吉村。第2ゲームに関しては6-3でリードしている場面からの逆転されてしまったのがもったいなかった。

第3ゲームは6-4から3点取られ逆転されたところで、タイムアウト。このタイムアウトが功を奏し、そこから得意のバックハンドを活かして逆転し返した。しかし第4ゲームは逆にタイムアウトをうまく使われて敗れ、勝負はヴィクトリーマッチに持ち込まれた。

5番(VM):吉村 真晴 11-9 荘 智淵

Tリーグ特別ルールの1ゲームのみで勝負が決まるヴィクトリーマッチ、勝利を託されたのは彩たまからはキャプテン・吉村、琉球からは第2マッチで勝利した荘。この試合でファイナルに進めるか進めないかが決まるため、吉村には計り知れない期待とプレッシャーがのしかかっていたことだろう。

●キャプテン・吉村が重責を果たす!

先に2ポイントリードしたのは吉村だったが、逆転され2-3となったところで早めのタイムアウト。ここからは意地と意地のぶつかり合いである。

彩たまは吉村が得点をする度にベンチ全員で立ち上がり声援を送っており、まさに全員で勝ちにきているという印象だ。最後は11-9で吉村が喜びを噛み締めた。

スコア詳細:T.T彩たま 3-2 琉球アスティーダ

〇チョン ヨンシク/平野 友樹 2-0 有延 大夢/丹羽 孝希
11-3/15-13

黄 鎮廷 1-3 荘 智淵〇
13-15/4-11/11-8/9-11

〇チョン ヨンシク 3-2 陳 建安
11-9/5-11/11-6/8-11/11-7

吉村 真晴 1-3 丹羽 孝希〇
8-11/9-11/11-7/8-11

○吉村 真晴 1-0 荘 智淵
11-9

文:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
吉村真晴(T.T彩たま)
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする

卓球メディア|Rallys(ラリーズ)