岡山、ホームで勝利飾る 琉球は手痛い敗北<卓球・Tリーグ結果速報> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:吉村和弘(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグ 岡山、ホームで勝利飾る 琉球は手痛い敗北<卓球・Tリーグ結果速報>

2020.02.15 文:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2019/20シーズン 2月15日(土)岡山武道館>

15日、ノジマTリーグ男子の試合が行われ、岡山リベッツ(以下、岡山)が琉球アスティーダ(以下、琉球)にマッチカウント3-1で勝利した。

プレーオフファイナル進出を狙う琉球は、16日に行われる最終戦を前に手痛い敗北。岡山はすでにファイナル進出が絶たれているが、来シーズンへとつながる価値ある一勝を手にした。

岡山がホーム岡山武道館で勝利を飾る


写真:岡山リベッツの町飛鳥(写真右)と三部航平(写真左)/提供:©T.LEAGUE

第1マッチのダブルスには、岡山から町飛鳥/三部航平が、琉球からは吉村真晴/木造勇人が登場した。お互いに良いラリーを見せるも、岡山ペアが10-10の勝負所を2度制し、ストレートで勝利を決めた。

第2マッチは、吉村和弘(岡山)とカットマンの朱世赫(琉球)が対決。序盤から吉村和弘が強打で試合のペースを掴むと、2ゲームを先取する。朱世赫も攻撃を積極的に織り交ぜることで1ゲームを返すが、自分の攻めを貫いた吉村和弘が第4ゲームを制し、3-1で勝利した。


写真:吉村和弘(岡山リベッツ)/提供:©T.LEAGUE

第3マッチ、勝利に王手をかけた岡山からは吉田雅己、後がなくなった琉球からはキャプテンの吉村真晴が登場した。試合は白熱したラリーが随所に繰り広げられ、一進一退の攻防が続くも、最後は吉田がゲームカウント3-2で勝利を決めた。

岡山の勝ち点4がかかった第4マッチでは、町と荘智淵(琉球)が対戦。第1ゲームは町が奪うも、第2ゲームからは荘智淵が試合の主導権を握り、3-1で逆転勝利を飾った。

全試合ダイジェストはこちら

スコア詳細:〇岡山リベッツ 3-1 琉球アスティーダ


写真:ファンへの感謝を伝える岡山リベッツ/提供:©T.LEAGUE

〇町飛鳥/三部航平 2-0 吉村真晴/木造勇人
11-10/11-10

〇吉村和弘 3-1 朱世赫
11-10/11-7/9-11/11-9

〇吉田雅己 3-2 吉村真晴
9-11/10-11/11-1/11-6/11-9

町飛鳥 1-3 〇荘智淵
11-9/9-11/5-11/7-11

男子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt