張本智和「自分が優勝まで持っていきたかった」更なるレベルアップ誓う | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:試合前の後期MVP表彰での張本智和(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

Tリーグ 張本智和「自分が優勝まで持っていきたかった」更なるレベルアップ誓う

2021.02.26 文:ラリーズ編集

<卓球・ノジマTリーグ2020-2021シーズン プレーオフファイナル 2月26日 アリーナ立川立飛>

卓球Tリーグサードシーズンの年間王者を決めるプレーオフファイナルが行われ、3連覇を狙った木下マイスター東京は、琉球アスティーダにマッチカウント0-3で敗れた。

木下マイスター東京は、水谷隼を怪我で欠く中、エースの張本智和を第4マッチにオーダーした。しかし、勢いに乗る琉球アスティーダを止められず、第3マッチまでで試合が終了し、今回のファイナルでは張本に出場機会が訪れなかった。試合後、張本がオンライン会見に応じ、試合を振り返った。

張本智和木下マイスター東京)のコメント

試合の振り返り

自分は今日は出番が無かったんですけど、琉球アスティーダさんに全てのマッチであと1ポイント多く取られて、結果的に0-3なので完敗でした。

4番に起用されたオーダーについて

シーズン後半4、5番で2点取るパターンができていた。今日、水谷さんは出られなかったんですけど、2-1か1-2で繋ぐからと(チームメートに)言われていたので、自分は1点、2点取るつもりで準備してました。

1点を取って回してくれれば自分が3点まで持っていく自信はあったんですけど、水谷さんが出ない以上0-3で負けてしまう可能性はゼロではなかった。4番という配置には納得はしているんですけど、まだまだ2番で絶対戸上選手に勝てるという信頼が今日は無かったと思うので、そこが自分にとってのハードルだと思っています。

水谷の欠場についてチームメイトはどう受け止めていたか


写真:ベンチで戦況を見つめた水谷隼(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

(水谷は)立川での4連戦から首の状態が良くなかったと思う。(水谷が欠場した中でも)優勝を狙える戦力だったと思う。1マッチでも取っていれば。自分が優勝まで持っていきたかったなという思いはあります。

どんな思いで試合を見ていたか

全ての試合がフルゲームであと1球、2球の差だった。応援することしかできなかった。選手を信じて見守っていた。

琉球アスティーダの強さについて


写真:大島祐哉との激戦を制した戸上隼輔琉球アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

自分も前期で戸上選手に2回負けていた。後半は勝つことができたんですけど、(今日は)最初から勢いがありましたし、フルゲームになっても勢いが止まっていなかった。最後まで勢いにやられてしまったという印象。

今季はレギュラーシーズン1位や最多勝を取れたシーズンとなった


写真:試合前の後期MVP表彰での張本智和(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

最初の方はこの3年の中で一番迷惑をかけた。

後半はチームをリーグ1位まで持っていけたのは評価できると思う。あとはファイナルで自信を持って2番3番に置いてもらえるように実力をつけたい。

3月のWTT中東シリーズに出場するが

明日出発。また国際大会がスタートする。今回は中国選手がいない中、第1シードになったので、優勝できるように頑張っていきたい。今は全ての技術に少し自信があるので、2大会とも結果を求めて優勝できるようにしたい。

木下マイスター東京 0-3 琉球アスティーダ

及川瑞基/田添健汰 1-2 〇吉村和弘/木造勇人
11-9/9-11/7-11

大島祐哉 2-3 〇戸上隼輔
14-16/11-3/11-8/8-11/8-11

及川瑞基 2-3 〇吉村真晴
4-11/7-11/11-7/11-9/7-11

張本智和 – 宇田幸矢

張本智和インタビュー


写真:張本智和(木下グループ)/提供:長田洋平/アフロスポーツ

>>張本智和の耳に響く東北からの“頑張れ” 忘れない3.11から10年

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt