【速報】女子が中国に勝利!! 男子もストレート勝ち。ユニバーシアード団体準決勝

森薗政崇


文:ラリーズ編集部 

第29回ユニバーシアード競技大会<台北>(卓球競技:2017年8月22日〜29日)

団体戦準決勝 結果速報

ユニバーシアード前回大会(2015年韓国・光州)の団体戦では、男子が銀メダル、女子が銅メダルを獲得しており、いずれも中国に敗れている。

男子は森薗政崇、吉田雅己、大島祐哉、女子は山本怜、鈴木李茄が前回大会に引き続いての出場となり、雪辱を誓って大会に臨んだ。

8月25日に行われた男女準決勝の結果は以下の通り。
※カッコ内の順位は8月時点での世界ランキング

男子団体準決勝:チャイニーズタイペイに完勝

男子準決勝は福原愛の夫・「江宏傑」を擁する地元チャイニーズ・タイペイとの対戦。

トップの大島祐哉(木下グループ・17位)が廖振ティン(72位)を3-1で破ると、𠮷田雅己(協和発酵キリン・18位)も相手エースの陳建安(51位)に勝利、3番の森薗政崇(明治大学・66位)も福原愛を通じて親交のある江宏傑(109位)に3-1で勝利し、男子チームを2大会連続の決勝進出に導いた。

男子団体準決勝結果

 日本3-0チャイニーズタイペイ
1大島祐哉3-1
(-10,8,8,4)
廖振ティン
2𠮷田雅己

3-1
(9,4,-4,6)
陳建安
3森薗政崇3-1
(7,-10,5,8)
江宏傑
4大島祐哉陳建安
5𠮷田雅己廖振ティン

女子団体準決勝:中国に勝利し、2年前の雪辱を果たす!

前回大会で準決勝で中国に負けている日本女子チームは、安藤みなみ(専修大学・66位)がトップでセットオールの接戦を制し、日本に勢いをもたらす。

2番の鈴木李茄(日立化成・150位)は1-3で敗れるも3番の成本綾海(中国電力・127位)が先に2セットを取られる苦しい展開から粘りを見せ、3-2で逆転勝利を収めた。

4番で再び出番の回ってきた鈴木李茄が意地を見せ3-1で勝利。見事に全員が1本ずつ獲る総合力を見せ決勝進出を決めた。

決勝の相手は韓国となる。

女子団体準決勝結果

 日本3-1中国
1安藤みなみ3-2
(6,6,-6,-7,9)
SUN Chen
2鈴木李茄1-3
(-8,-1,7,-7)
ZHOU Xintong
3成本綾海
3-2
(-5,8,-7,9,7)
ZHENG Shichang
4鈴木李茄3-1
(9,-6,7,9)
SUN Chen
5安藤みなみZHOU Xintong

大会名

第29回ユニバーシアード競技大会2017<台北>
(競技日程:2017. 8/19〜8/30)
(卓球競技:2017. 8/22〜8/29)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう