【速報】男女とも銀メダル獲得!!ユニバーシアード団体戦結果


文:ラリーズ編集部 

第29回ユニバーシアード競技大会<台北>(卓球競技:2017年8月22日〜29日)
※カッコ内の順位は8月時点での世界ランキング

団体戦決勝 結果速報

ユニバーシアード卓球団体準決勝で男子は地元チャイニーズ・タイペイに3-0、女子は中国に3-1で勝利し、決勝に進出した。

8月26日に行われた男女決勝の結果は以下の通り。

男子団体決勝:中国に完敗するも2大会連続の銀メダル獲得

男子決勝の相手は前回王者中国。中国チームは3名とも世界ランキングを保有しない選手だが、中国の選手層の厚さを考えるとその実力は計り知れず、日本チームは0-3のストレートでの敗戦となった。

トップで起用された𠮷田雅己(協和発酵キリン・18位)は、4セット中3セットがデュースという接戦となったが左シェーク異質攻撃型のZHU Lingfengのバック表の変化に対応できずに1-3で敗戦。続く大島祐哉(木下グループ・17位)もKONGのパワーに押し切られる形でセットオールで敗れると、流れが完全に中国に傾き、3番の森薗政崇(明治大学・66位)も1-3で敗れた。

2大会連続のユニバーシアード団体銀メダル獲得となった日本男子は、個人戦でも森薗のシングルス二連覇や、世界卓球ドイツ大会で銀メダルを獲得した森薗・大島ペアのダブルスでのメダル獲得が期待されている。

今大会での日本男子チームの更なる活躍に期待が高まる。

男子団体決勝結果

 日本0-3中国
1𠮷田雅己1-3ZHU Linfeng
2大島祐哉

2-3KONG Lingxuan
3森薗政崇1-3LAI Jiaxin
4大島祐哉ZHU Linfeng
5𠮷田雅己KONG Lingxuan

女子団体決勝:韓国に惜敗。前回大会を上回る銀メダルを獲得。

準決勝で中国を倒し勢いに乗る日本女子だったが、決勝では、エースJEON Jihee(世界ランク20位)、LEE Eunhye(同89位)を擁する韓国に2-3で惜敗。

2番の安藤みなみ(専修大学・66位)と3番の成本綾海(中国電力・127位)が順当に勝ち、一時は2-1でリードしたものの、韓国のエースJEON Jiheeに2点を取られ、ラストは鈴木李茄(日立化成・150位)がLEE Eunhyeの強烈な攻撃を受け止めきれなかった。

前回大会の銅メダルを上回る銀メダルを獲得した日本女子チームは個人戦種目での金メダルを狙う。

女子団体決勝結果

 日本2-3韓国
1鈴木李茄0-3JEON Jihee
2安藤みなみ3-1LEE Eunhye
3成本綾海
3-0AN Yeongeun
4安藤みなみ1-3JEON Jihee
5鈴木李茄0-3LEE Eunhye

大会名

第29回ユニバーシアード競技大会2017<台北>
(競技日程:2017. 8/19〜8/30)
(卓球競技:2017. 8/22〜8/29)

関連記事

【速報】女子が中国に勝利!! 男子もストレート勝ち。ユニバーシアード団体準決勝
【8月22日卓球競技開始】ユニバーシアードのみどころ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう