日本女子 予選全試合ストレート勝利で決勝T進出【世界卓球2018】


<世界卓球選手権(団体)2018年4月29日〜5月6日・ハルムスタッド>

世界卓球2018 日本女子 予選第5戦の結果

女子日本代表の予選第5戦が日本時間5月2日午前2時から行われた。

対戦相手は、今年2月に行われたITTFチームワールドカップの初戦でも対戦したアメリカ。

ここまでの試合で1ゲームも落としていない日本女子は、予選リーグの最終試合となるアメリカ戦でも油断することなく、石川佳純(全農・ITTF4月度世界ランク3位)、平野美宇(日本生命・同6位)、伊藤美誠(スターツSC・同7位)という布陣で臨んだ。

第1試合:石川佳純 3-0 ウーユエ

今大会で初めて1番手として出場した石川佳純。安定感のあるプレースタイルのウーユエに対して、第1ゲームは苦戦を強いられた。しかし積極的な早い打点での攻撃を活かしながら第1ゲームを逆転で奪い、リズムを作ることに成功。第2ゲームからはストップレシーブを巧みに使い、相手の強打をうまく封じ込めた。最後は石川が華麗なチキータレシーブを決め、見事なストレート勝ちで平野に繋いだ。

第2試合:平野美宇 3-0 ワンエイミー

石川からいい流れでバトンを受け取った平野美宇は、ワンエイミーとの対戦となった。ワンエイミーは、平野・伊藤・早田の3選手よりもさらに若い選手である。結果は、平野の持ち味であり「ハリケーン」とも称される高速プレーで、相手をまったく寄せ付けずストレート勝利。この勝利により、日本の予選リーグ全試合ストレート勝利という快挙に王手がかかった。

第3試合:伊藤美誠 3-0 チャンリリー

3番での出場となった伊藤美誠の対戦相手はアメリカのエース的存在であるチャンリリー。伊藤対策としてバック側への長いサービスが講じられることが多く、世界の舞台での経験が豊富なチャンリリーも漏れなくロングサーブを使ってきた。今大会好調の伊藤はこの対策にも完璧に対応し、回り込んでのフォアハンド強打を見せるなど、万全の準備をしてきたことが伺えた。結果としても石川、平野に続き、ストレート勝ち。

これにより、日本女子の予選リーグ全試合ストレート勝利という快挙が達成され、準々決勝進出を決めた。

世界卓球2018女子グループB第5戦:日本 3-0 アメリカ

石川佳純 3-0 ウーユエ
12-10 / 11-5 / 11-5

平野美宇 3-0 ワンエイミー
11-6 / 11-2 / 11-1

伊藤美誠 3-0 チャンリリー
11-6 / 11-7 / 11-8

文:ラリーズ編集部
写真:TT News Agency/アフロ

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする