まさかの統一コリア結成 準決勝で南北合同チームと激突か【世界卓球2018】 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
まさかの統一コリア結成 準決勝で南北合同チームと激突か【世界卓球2018】
2018.05.03

まさかの統一コリア結成 準決勝で南北合同チームと激突か【世界卓球2018】

<世界卓球選手権(団体)2018年4月29日〜5月6日・ハルムスタッド>

大会5日目、昨日から始まった女子決勝トーナメント。初戦から元世界王者のシンガポールが姿を消すなど大熱戦となった。
そしていよいよ本日から日本代表が決勝トーナメントに登場する。今回はその決勝トーナメントの注目ポイントを紹介していく。

女子決勝トーナメント表

世界卓球2018女子の決勝トーナメント表

中国は決勝まで当たらない組み合わせに。準決勝はカットマン攻略がカギ

初戦はウクライナ。日本は予選リーグ初戦でウクライナに3-0で快勝しているが、ウクライナは強豪シンガポールを倒しているのであなどれない。シンガポールは2010年の世界卓球団体優勝(決勝で中国を破っている)メンバーのうち2人(フォンティエンウェイとユ・モンユ)が今大会に出場している。そのうちの一人、ベテランのユ・モンユがウクライナのカットマンのガポノワ、ビレンコに破れている。

ウクライナに勝利をすると、準決勝の相手は、決勝トーナメントから急遽結成された韓国と北朝鮮の合同チームとなる。韓国はソ・ヒョウオン、北朝鮮はキムソンイと両国ともカットマンがエースだ。

日本女子は、伊藤美誠(スターツSC)が従来からカット打ちが得意な選手であり、2016年の世界卓球団体でも北朝鮮のキムソンイに3−0のストレートで勝利している。石川佳純もカット対策を強化しており、韓国のソ・ヒョウオンに3月のドイツOP、4月のアジアカップで連勝中。決して油断はできないが、勝機は十分にある。

そしてその先の決勝で待つのは絶対王者・中国だ。

ここまで1ゲームも落とさない完璧な勝ち上がりを見せている日本女子。この波に乗り続けることができるのか。

文:ラリーズ編集部
写真:千葉格/アフロ

コメント
0
男子ランキング
2019.12.12
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.12
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US