中国の厚い壁 21度目の優勝飾る【世界卓球2018・女子最終結果】


<世界卓球選手権(団体)2018年4月29日〜5月6日・ハルムスタッド>

1週間の世界卓球が幕を閉じた。
日本女子は”南北合同コリア”というハプニングを乗り越え決勝まで無敗という快進撃はあったが準優勝。未だに中国という壁は高かった。
今回は世界卓球の結果を振り返っていきたい。

世界卓球2018(団体) 最終結果

女子団体

世界卓球2018女子団体最終結果
優勝:中国(4連覇、21回目)
準優勝:日本
3位:香港、コリア
ベスト8:オーストリア、ウクライナ、ルーマニア
※韓国と北朝鮮は準々決勝を不戦とし、統一チーム「コリア」結成

文:ラリーズ編集部
写真:ロイター/アフロ
*世界卓球2018女子団体で優勝した中国

関連リンク

【特集:Rallys×世界卓球2018】ハルムスタッドでの熱戦の模様を随時更新中
中国男子 24戦全勝で完全優勝【世界卓球2018・男子】
伊藤が一矢報い、価値ある銀メダル【世界卓球2018・日本女子】
日本男子、韓国に敗れメダル獲得ならず【世界卓球2018 男子準々決勝】
【東京2020期待の星】国際大会2連勝の20歳芝田沙季、五輪代表争いに食い込めるか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする