中国の厚い壁 21度目の優勝飾る【世界卓球2018・女子最終結果】 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
中国の厚い壁 21度目の優勝飾る【世界卓球2018・女子最終結果】
2018.05.07

中国の厚い壁 21度目の優勝飾る【世界卓球2018・女子最終結果】

<世界卓球選手権(団体)2018年4月29日〜5月6日・ハルムスタッド>

1週間の世界卓球が幕を閉じた。
日本女子は”南北合同コリア”というハプニングを乗り越え決勝まで無敗という快進撃はあったが準優勝。未だに中国という壁は高かった。
今回は世界卓球の結果を振り返っていきたい。

世界卓球2018(団体) 最終結果

女子団体

世界卓球2018女子団体最終結果
優勝:中国(4連覇、21回目)
準優勝:日本
3位:香港、コリア
ベスト8:オーストリア、ウクライナ、ルーマニア
※韓国と北朝鮮は準々決勝を不戦とし、統一チーム「コリア」結成

文:ラリーズ編集部
写真:ロイター/アフロ
*世界卓球2018女子団体で優勝した中国

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.06.19
世界
日本
1
樊振東(中国)
14405 pt
2
林高遠 (中国)
14400 pt
3
許キン(中国)
14160 pt
1
張本智和(日本)
13740 pt
2
丹羽孝希(日本)
11475 pt
3
水谷隼(日本)
11370 pt
女子ランキング
2019.06.19
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16215 pt
2
劉詩文 (中国)
15150 pt
3
丁寧 (中国)
14905 pt
1
石川佳純(日本)
13923 pt
2
伊藤美誠(日本)
13520 pt
3
平野美宇(日本)
11760 pt
SNS
FOLLOW US