インド代表・グナナセカラン「健康がいかに大切か理解」 ロックダウン中の生活語る | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:サイチヤン・グナナセカラン(インド)/提供:ittfworld

卓球プレーヤー向け インド代表・グナナセカラン「健康がいかに大切か理解」 ロックダウン中の生活語る

2020.07.03 文:ラリーズ編集部

インド代表で、卓球Tリーグ3rdシーズンには岡山リベッツから参戦するサイチヤン・グナナセカラン(最新世界ランキング32位)の今について、国際卓球連盟(ITTF)が2日報じた。

>>【Tリーグ・岡山】グナナセカラン、田添響の加入を発表

ロックダウン中の生活

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが世界を混乱に陥れている中、ロックダウン中の生活についてグナナセカランはこう語った。

「ロックダウン後の生活は全く違ったものになっていた。アスリートとして家の中に閉じ込められることは、これまでにない経験だった。健康がいかに大切かということも理解しました」。


写真:サイチヤン・グナナセカラン(インド)/提供:ittfworld

オフ期間がないと言われる卓球は、毎月のように各国を飛び回り、卓球選手は息をつく暇もないくらい慌ただしい生活を送ることになる。今の国際大会が中止・延期となる状況は普段とは全く違うものになっている。

「試合が本当に懐かしい。これからはソーシャルディスタンスが重要になり、今までとは全く違う生活になるでしょう」とグナナセカランは今後の見通しを語るとともに「卓球は私にすべてを与えてくれて、私はそれで生計を立ててきました。ボールの音が聞こえないと眠れないほど、私の生活の一部になっています。勝ち負けにどう対処するか、プロセスを重視したアプローチが成功をもたらすことを学びました」と卓球に関する思いを述べた。

東京五輪の延期

グナナセカランは、東京五輪の出場資格をまだ得てないが、予選に望みを持っている。

「来年は東京五輪の出場権を獲得し、五輪でのパフォーマンスを向上させるという目標に向かってやっていきます。 五輪のメダルを獲得するか、ベスト8に進出できれば最高です。五輪で自国のためにプレーする感覚を体験したい」と意気込みを語っている。

「忍耐強く、決してあきらめず、一貫してハードワークを続けること。プロセスに集中すれば、結果はついてくる」と若手にアドバイスも送るグナナセカラン。国際大会のみならずTリーグ岡山リベッツでの活躍も期待されるグナナセカランのプレーから目が離せない。

>>同じく岡山リベッツ所属・森薗政崇流“高校卓球恩返しプロジェクト”始動 「居ても立ってもいられなかった」

男子ランキング
2020.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.08.05
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt