Tベストペア賞・田添健汰、木下マイスター東京から3季目も参戦 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:田添健汰/撮影:ラリーズ編集部

卓球プレーヤー向け Tベストペア賞・田添健汰、木下マイスター東京から3季目も参戦

2020.07.17

文:ラリーズ編集部

卓球Tリーグ男子・木下マイスター東京は17日、2ndシーズンのダブルス11勝4敗でベストペア賞を獲得した田添健汰の3rdシーズン参戦決定を発表した。

>>田添健汰の使用用具・大会成績・プロフィール

田添健汰が木下マイスター東京から参戦

田添は、希望が丘高校、専修大学と卓球の名門でエースとして活躍してきた選手で、全日本選手権の混合ダブルスでは3度優勝した経験を持つダブルス巧者だ。

高い身体能力を活かしたフットワークの軽さと体のバネを使った強力なフォアドライブを武器とし、チキータストップフリック、中陣からのカウンターなどの様々な技術を高いレベルでこなすオールラウンダーとして今後の更なる活躍が期待されている。


写真:左から宇田幸矢田添健汰木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

大学卒業後に木下マイスター東京と契約し、1stシーズンからTリーグに参戦。主にダブルスで活躍し、2ndシーズンのダブルス通算成績は11勝4敗、特に宇田幸矢(現・琉球アスティーダ/明治大学)とのペアでは6勝2敗と非常に勝率が高く、ベストペア賞を受賞した。

先日、全日本ダブルス王者・及川瑞基、韓国代表・張禹珍(ジャンウジン)との契約を発表し、ダブルス巧者・田添の契約が確定。木下マイスター東京が3連覇に向けて、着々と準備を進めている。

>>田添健汰「人生が変わった」 水谷からの運命のLINEとは

専修大学時代の田添健汰の試合動画

男子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt