【卓球】ドイツ・ブンデスリーガ、9月6日開幕へ ダブルスも実施 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ブンデスリーガ会場の様子/撮影:ラリーズ編集部

卓球プレーヤー向け 【卓球】ドイツ・ブンデスリーガ、9月6日開幕へ ダブルスも実施

2020.08.11

文:ラリーズ編集部

ドイツの卓球リーグ・ブンデスリーガは7日、2020/21シーズンの日程を発表し、開幕戦は9月6日に決まった。

>>森薗政崇流“高校卓球恩返しプロジェクト”始動 「居ても立ってもいられなかった」

9月6日にブンデスリーガ開幕へ

ブンデスリーガの2019/20シーズンでは、6月中旬にプレーオフが行われ、レギュラーシーズン1位のザールブリュッケンが3位のオクセンハウゼンを3-1で下し、初優勝を決めていた。今季の開幕戦では、この両チームが相まみえる。

新型コロナウイルスのパンデミックによって、国際卓球連盟(ITTF)の2021年の試合予定がまだ確定していないため、全18節中11節までの日程が今回発表された。また、プレーオフではダブルスの採用が見送られたが、今季のレギュラーシーズンでは、通常通りダブルスを行うとしている。

>>2019/2020シーズン ブンデスリーガプレーオフ結果はこちら

男子ランキング
2022.06.01
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
762 pt
3
戸上隼輔(日本)
420 pt
女子ランキング
2022.06.01
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt