ボールが早くなる!?バタフライ製品のブライスハイスピードとは?


株式会社タマスが製造販売している卓球ブランド「バタフライ」は、現在に至るまでに多くの卓球選手から支持されています。そんな「バタフライ」製品の中で高い人気を誇っているシリーズが、ハイテンションラバーシリーズの「ブライス」です。

今回は、2017年8月時点における「ブライス」シリーズの最新作、「ブライスハイスピード」についてご紹介します。

ブライスハイスピードとは?


ブライスハイスピードは、2015年12月21日に発売されました。従来のブライスシリーズのどのラバーと比べても、シートが非常に薄く設計されています。スポンジ硬度は35度と柔らかくできており、ボールがシートに食い込みやすくなっています。色は、赤と黒の2色が用意されています。

従来のブライスシリーズと比べてブライスハイスピードの優れている点は、打球時にスピードと回転をボールにかけやすい点です。この利点を生み出したのは、バタフライ社の独自技術である「ハイテンション技術」と「マイクロレイヤー」です。
「ハイテンション技術」とは、打球時にラバーのゴムを大きく弾ませるため、ラバーのスポンジと表面をトランポリンのように張り詰めさせる技術です。この張り詰めた状態を、「テンション」と呼びます。この技術により、プレーヤーは相手の打球の勢いを利用して、強くて速いボールを打ち返すことができます。
「マイクロレイヤー」とは、シートの表面にボールが当たった際に裏面にあるツブが潰れやすくなるために、シートを可能な限り薄く設計する技術です。なお、ボールがラバーの表面に食い込み裏面のツブが変形する際に起こる現象を「ひきつれ」と呼び、この変形したツブの元の形に戻る力が強いほど回転が強くボールにかかるといわれています。この技術によって打球に上回転がかかるため、プレーヤーは相手コートの深い部分にボールを飛ばすことができます。
ブライスハイスピードが開発される前までに発売されたスピード系ラバーは、回転をボールにかけにくいことが難点でした。打ち返した打球は直線上に飛んでいくため、カウンターで打ち返されたり、ボールがコースアウトしてしまったりすることが多くありました。ブライスハイスピードはマイクロレイヤー技術により、その難点を克服することができています。

ブライスハイスピードが向いているプレーヤー


上述したブライスハイスピードの特徴を踏まえると、ブライスハイスピードは強く回転のかかったスピードボールを打つ際に適しているラバーであるといえます。ただし、力の加減をせずにボールを打ち返すとコースアウトし、ボールの軌道を考えて打たないとブロックカウンターをされてしまいます。サーブを打つ際にも、他のラバーで打つときよりも少ない力で打ったのにもかかわらず、コースアウトしてしまうことがあります。
ブライスハイスピードは、ある程度打球をコントロールすることができる中級者以上の方にとっては扱いやすいラバーであるといえますが、初心者の方は練習を積んでラバーの扱いに慣れる必要があるといえます。

スマッシュやドライブといった攻撃重視なプレースタイルは、ブライスハイスピードを生かすことができる戦法のひとつです。例えば、ペンドライブ型やシェーク型のフォア面にブライスハイスピードを貼り付けることで、素早く威力の高い攻撃を生み出すことができます。スマッシュを多用する選手にも、ブライスハイスピードはおすすめのラバーです。

力の加減のコツを身に付けることができたのであれば、相手の打球を自分の思い通りにブロックすることができます。強烈なカウンターだけでなく、ボールに当てるだけの軽めな打ち返しなど、ブロックに緩急をつけて相手を揺さぶりましょう。この点から、ブライスハイスピードは防御に重きを置くプレースタイルの選手にも適しているラバーであるといえます。

ブライスハイスピードにより強さと速さを与えられたレシーブは、強力な得点源になります。ラバーによるツッツキは、ボールが相手コートの深い部分に素早く入るため強力な武器です。チキータも、相手のコートにボールが滑るように入ります。ただし、強すぎるとコースアウトするため、チキータに関してはコツを習得する必要があるといえます。

女性や子どもにとっては、ブライスハイスピードによって得られる速くて強い球は魅力的です。また、重量が軽く扱いやすい点も、女性や子どもに適しています。

まとめ

ブライスハイスピードは、「ハイテンション技術」と「マイクロレイヤー」を駆使したことにより、素早く強力な打球を生み出すことができるラバーです。ただし、他のラバーと同じような力の感覚でボールを打つと打球がコースアウトするため、力の加減のコツを会得することが重要です。
ブライスハイスピードは攻撃重視なプレーヤーだけでなく防御重視なプレーヤーにも適しているため、打球に速さと強さがほしい場合に選ぶとよいでしょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする