プロにも愛用者が多い、フライアットスピンの特徴とは?


「ニッタク(Nittaku)」は、日本卓球株式会社の卓球ブランドです。昭和22年の設立以来、世界中の卓球プレーヤーから高評価を受けています。そんなニッタクが製造販売しているラバー「フライアットシリーズ」は、日本製のラバーということもあって高い人気を誇っています。
今回は、そんな「フライアットシリーズ」の中から、「フライアットスピン」についてご紹介します。

フライアットスピンとは?

blue net for pingpong and a tennis table


フライアットスピンは、2017年8月現在において「フライアットシリーズ」の最新作です。裏ソフトラバーの種類の中でも、「テンション系」に属しています。ブレードサイズが「157×150」のラケットに貼り付けて使用することを推奨されています。ラバーの表面の色は、赤と黒の2色が販売されています。
青色をしたラバーのスポンジの硬度は、35度です。そのスポンジの厚さは「特厚」「厚」「中」の3種類があり、それぞれで重量が変わるため重さを気にする方は注意が必要です。

フライアットスピンは、キレのある回転のかかった速いボールを打つことに適しているラバーです。これを可能としているのは、「フライアットシリーズ」の他のラバーにも施されているニッタクのふたつの技術、「モルレインシステム」と「アクティブチャージ(AC)」によるものです。
ラバーの天然ゴムは、たくさんのイオウ分子の連なりによってゴム分子同士がつながることで構成されています。ただし、そのイオウ分子同士を連ねている力は弱いため、ラケットにボールが当たった衝撃などにより弱まることがあります。それによりゴム同士のつながりも不安定になり、ラバーの表面の一部が欠けたり、ラバーの性能が落ちたりといったことが起こります。「モルレインシステム」とは、この天然ゴムの脆さを解消するために、イオウ分子を連ねる力を強めてゴムの強度を向上させる技術です。この技術によって、ラバーのグリップ性能を飛躍的に向上させています。
「アクティブチャージ(AC)」とは、ゴム本来の弾力性を引き出し、ラバーの表面とスポンジを張り詰めた状態にする技術です。なお、この張り詰めた状態のことを「テンション」と呼びます。テンションのかかったラバーの表面にボールが当たると、ボールがラバーにしっかりと食い込むことで強い回転がボールにかかります。また、ラバーが相手のボールにかかっている勢いを吸収することなく、弾くように強くて速い球を飛ばします。

スピン系のラバーの中でも、フライアットスピンによって放たれるボールの弾道は独特です。その弾道は一般的なスピン系のラバーによって放たれるボールの弾道よりも、控えめな弧を描いて飛んでいきます。一般的に、高い弧を描くボールは相手のカウンタードライブを受けやすくなります。そのため、フライアットスピンを使用すると、他のスピン系ラバーよりもカウンターを受けにくいボールを放つことができます。

フライアットスピンは、他企業が製造・販売しているテンション系ラバーよりも安価であることも大きな特徴です。一般的に、テンション系ラバーの価格は5,000円以上することがほとんどですが、フライアットスピンのニッタク公式サイトでの販売価格は、3,800円(2017年8月時点)です。
テンション系のラバーを使いこなすためには、ある程度の「慣れ」が必要です。例えば、サーブを打つときも通常のラバーを使用したときの力加減のまま打ってしまうと、テンション系のラバーでは勢いが大きくてコースアウトしてしまうことがあります。ただし、高価なテンション系ラバーを慣れるためだけに購入するのは躊躇してしまう方も少なくありません。
フライアットスピンは、テンションラバーの使用に慣れる際にも最適なラバーといえます。

フライアットスピンの使用に向いているプレーヤー


勢いのある回転のかかったボールを武器として戦うプレーヤーにとって、フライアットスピンは最適なラバーです。ラケットから球が離れる速度も速いため、速いラリーを得意とするプレーヤーにも適しています。例えば、前陣で高速ラリー中にチキータやドライブといった回転技術を織り交ぜて相手を攻めることもできます。

卓球の中・上級者だけでなく、オールラウンドなプレーに対応しているため初心者にもおすすめできるラバーです。他のラバーにありがちなラバーの性能によって得意・不得意になるテクニックが特に存在しないため、フライアットスピンを使用することで一通りの卓球テクニックを行うことができます。また、このラバーによってコントロールも安定するため、初心者が苦手とするテクニックを上手に補うことができます。ボールを拾う力も高いため、卓球台の外に出た球も容易に拾うことができます。

まとめ

フライアットスピンは、すべての卓球プレーヤーにおすすめできるテンション系ラバーです。とりわけ、チキータやドライブといった回転テクニックを高速ラリー中に行うようなプレースタイルを好む選手にとっては最適なラバーです。また、このラバーを使用すれば一通りの卓球テクニックを行うことができるため、初心者にもおすすめできるラバーであるといえます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう