卓球・グランドファイナルとは?水谷隼や張本智和ら歴代優勝者を紹介 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:2019年に女子ダブルスで優勝した木原美悠(左)・長﨑美柚/提供:ittfworld

卓球プレーヤー向け 卓球・グランドファイナルとは?水谷隼や張本智和ら歴代優勝者を紹介

2020.03.07 文:ラリーズ編集部

年間を通して各地で行われるワールドツアー。その成績上位者による年間王者決定戦がITTFワールドツアー・グランドファイナルだ。2019年大会では女子ダブルスで日本の長﨑美柚/木原美悠が優勝を果たしている。今回はそのグランドファイナルについて、その出場条件や歴代優勝者を振り返ろう。

>>木原美悠インタビュー 卓球女子、令和の星が明かす“意外な悩み”

グランドファイナルの出場条件(2020年大会の場合)

年末に行われるグランドファイナルでは男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの計5種目で年間王者が争われる。

まず、参加のために必要なワールドツアーの年間参加回数として
・シングルス:5大会以上(ワールドツアー・プラチナ1大会以上を含む)
・ダブルス:同一ペアで4大会以上
これらがグランドファイナル参加の最低条件となる。これらを満たした選手の中で、成績優秀者がグランドファイナルの参加資格を得る。

ワールドツアー・スタンディングスとは

ワールドツアーの年間成績を順位付けするのがワールドツアー・スタンディングスだ。各大会ごとに、順位に応じた合計ポイントが決まっており、ワールドツアーのなかでも格付けが高いプラチナ大会では、通常のワールドツアーよりも獲得ポイントが多くなる。選手たちはそれらの合計獲得ポイントによって順位付けされる。

各種目の参加人数

男女シングルスには、それぞれ16名の選手が出場する。ワールドツアー・スタンディングスにおける上位15名がグランドファイナルに推薦され、加えて男女1名ずつの開催国枠も用意されている。

各ダブルス種目には、それぞれ8組のペアが出場する。こちらもワールドツアー・スタンディングスにおける上位7組が推薦され、開催国枠も1組ずつ用意されている。

過去5年間の各種目優勝者一覧


写真:2018年大会男子シングルスで優勝した張本智和/提供:ittfworld

グランドファイナルは1996年に第1回が行われ、20年以上の歴史をもつ。ここでは、過去5年間の各種目優勝者を振り返ろう。

男子シングルス

2015年 馬龍(中国)
2016年 馬龍
2017年 樊振東(中国)
2018年 張本智和(日本)
2019年 樊振東

中国が強さを見せ、特に馬龍は08年、09年、11年でも優勝しており、通算5度の優勝を誇る。そのなか、18年には張本智和が当時15歳にして優勝を果たして世界を驚かせた。さらに水谷隼は10年と14年で優勝を果たしている。

女子シングルス

2015年 丁寧(中国)
2016年 朱雨玲(中国)
2017年 陳夢(中国)
2018年 陳夢
2019年 陳夢

中国の強さが際立ち、19年には陳夢が3連覇を達成している。また、11年から13年にかけては劉詩雯(中国)が同じく3連覇を果たした。14年大会では石川佳純が優勝し、中国出身以外の選手で初の優勝を果たした。

男子ダブルス

2015年 森薗政崇/大島祐哉(日本)
2016年 鄭栄植/李尚洙(韓国)
2017年 森薗政崇/大島祐哉
2018年 張禹珍/林鐘勲(韓国)
2019年 樊振東/許昕(中国)

日本の森薗/大島は15年と17年で優勝。16年大会でも決勝に進出しており、3年連続の決勝進出を果たした。韓国勢が16年、18年で優勝しており、韓国勢の強さが目立つ種目だ。

女子ダブルス

2015年 丁寧/朱雨玲(中国)
2016年 浜本由惟/早田ひな(日本)
2017年 朱雨玲/陳夢(中国)
2018年 伊藤美誠/早田ひな(日本)
2019年 木原美悠/長﨑美柚(日本)

女子ダブルスでは16年、18年、19年で日本勢が頂点に輝いている。19年大会では木原/長﨑の10代ペアが躍進。準決勝では中国の孫穎莎/王曼昱を破る活躍で、見事に優勝を果たした。

混合ダブルス

2018年 黄鎮廷/杜凱琹(中国香港)
2019年 許昕/劉詩雯(中国)

混合ダブルスは2018年からの開催となる。2019年大会では水谷隼/伊藤美誠が決勝に進出し、一時はゲームカウント2-0としたが、中国ペアに逆転負けを喫して準優勝に終わっている。

>>水谷隼が語る!なぜ中国は卓球が強いのか?

男子ランキング
2020.07.13
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.13
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt