【高校卓球】トリッキーながらもシンプル 6種類のサーブで有利な展開に | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:原田隆雅氏(礼武卓球道場)/撮影:ラリーズ編集部

卓球技術・コツ 【高校卓球】トリッキーながらもシンプル 6種類のサーブで有利な展開に

2021.06.22 文:ラリーズ編集部

卓球の低年齢化が進む中、遅咲きで全国大会を目指す選手に送る本企画。

第4回のテーマは、サーブの初期設定についてだ。

プロ卓球コーチの原田隆雅氏(礼武卓球道場)が推奨する「有利な展開に持ち込む6種類のサーブ」とは?

>>【連載・高校卓球】原田隆雅の「目指せ!遅咲き全国デビュー」の記事一覧はコチラ


原田隆雅(はらだたかまさ)。現役時代は福岡の名門柳川高校から同志社大学、実業団のリコーで活躍後、葛西(東京都江戸川区)に礼武卓球道場を設立。プロ卓球コーチとしてジュニアから大人まで幅広い世代を指導。テレビCMの卓球シーン監修なども手掛ける。

自分の展開に持ち込む6種類のサーブとは

今回はシェークハンドのバック表ソフトの選手を想定して、サーブの後、ラリーに持ち込みやすいシンプルなサーブについて解説する。

いわゆるしゃがみ込みサーブに近いフォームでボールを6種類のこすり方(フォア、バックでそれぞれ横・上・下回転)でインパクトする。このサーブはジュニア選手から大人まで簡単にマスターでき、また以下の3つの理由から自分の優位な展開に持っていきやすいという。

手先の器用さを必要とせず、体重移動、体の傾け方、目線の使い方でフェイントモーションが使える
・突然違うサーブが来るというトリッキーな印象を与えられる
・強い横回転や強い下回転を入れずに、ラリーに持っていくための準備打として使える

実際に動画を見てみよう。
※画像をクリックするとYoutubeで動画が流れます。

(1)フォア横回転(2:22〜)

(2)バック横回転(2:36〜)

(3)フォア前進回転(2:48〜)

(4)バック前進回転(3:05〜)

(5)フォア下回転(3:25〜)

(6)バック下回転(3:48〜)

サーブの狙いを原田氏が解説 5:48〜

今回の動画では台の中央からあまり回転をかけずにサーブを出しているが、これは両ハンドの選手を想定している。

短いサーブからは相手のツッツキをドライブで狙い、ロングサーブは両ハンドのブロックからラリーに持ち込む展開で待つ。このようにシンプルな待ち方ができると試合で迷いが無くなる

両ハンドではなく、もっとフォアで攻めていきたいという選手であれば、バック側からサーブを出し、強いスピンをかけるのも有効だ。

ただし回転量の多いサーブやチキータなど流行っている技術を真似しようとするがあまり、自分のプレースタイルに合っていないサーブ、レシーブを選択肢、自ら崩れてしまうケースも多い。

まずはシンプルなサーブから自分の得意な展開に持ち込めるようにし、徐々にレベルを高めていこう。

今回のまとめ


図:まとめ/作成:ラリーズ編集部

フル動画はこちら 中学スタートで全国大会を目指す!#4

礼武卓球道場チャンネル

礼武卓球道場 公式youtubeチャンネルはこちら

【連載】【高校卓球】原田隆雅の「目指せ!遅咲き全国デビュー」

/a>
>>【高校卓球】原田隆雅の「目指せ!遅咲き全国デビュー」

原田隆雅コーチ(礼武卓球道場)インタビューはコチラ

>>「厳しく教える時代は終わった」転換期迎えるスポーツ指導の現場

>>「部活が無くなる」時代に日本のスポーツはどうなるか?

>>「本気で強くなりたい人の為の卓球場」礼武卓球道場に行ってみた

企画協力:礼武卓球道場
男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt