国民体育大会卓球競技(国体) 歴代優勝都道府県一覧 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/提供:ittfworld

卓球プレーヤー向け 国民体育大会卓球競技(国体) 歴代優勝都道府県一覧

2020.07.08

各都道府県でチームを結成し、日本一を目指してしのぎを削る、国民体育大会卓球競技。今回はそんな国体の歴代優勝チーム一覧を紹介する。

>>森薗美咲「人生変えた」盟友・石川佳純が見せた奇跡の逆転劇

国民体育大会卓球競技とは

各県1チーム3人の団体戦で行われ、シングルス5試合のうち、3点先取で勝利となる。成年男子、成年女子、少年男子、少年女子の部が行われ、グループリーグの後の決勝リーグで優勝チームが決定する。

過去大会まとめ 男子

過去には、青森山田時代に丹羽孝希(スヴェンソン)が青森県代表として少年男子で優勝を果たしている。

昨年度は、成年男子、少年男子共に山口県が優勝を飾った。成年男子では、平野友樹(協和キリン)、有延大夢(リコー)、沼村斉弥(明治大学)の野田学園高校OBが集まり、連覇を果たした。少年男子では、戸上隼輔、宮川昌大、今泉蓮の野田学園レギュラーメンバーが決勝で愛知県を下した。

優勝チーム一覧

 

成年男子

平成元年度
 1部 神奈川県
 2部 北海道
平成2年度
 1部 神奈川県
 2部 福岡県
平成3年度
 1部 千葉県
 2部 神奈川県
平成4年度
 1部 埼玉県
 2部 山形県
平成5年度
 1部 愛知県
 2部 香川県
平成6年度
 1部 埼玉県
 2部 大阪府
平成7年度
 1部 埼玉県
 2部 千葉県
平成8年度
 京都府
平成9年度
 東京都
平成10年度
 滋賀県
平成11年度
 和歌山県
平成12年度
 東京都
平成13年度
 京都府
平成14年度
 東京都
平成15年度
 青森県
平成16年度
 神奈川県
平成17年度
 東京都
平成18年度
 埼玉県
平成19年度
 埼玉県
平成20年度
 青森県
平成21年度
 青森県
平成22年度
 青森県
平成23年度
 山口県
平成24年度
 東京都
平成25年度
 東京都
平成26年度
 愛知県
平成27年度
 東京都
平成28年度
 愛知県
平成29年度
 和歌山県
平成30年度
 山口県
2019年度
 山口県

少年男子

平成元年度
 大阪府
平成2年度
 大阪府
平成3年度
 埼玉県
平成4年度
 愛知県
平成5年度
 埼玉県
平成6年度
 大阪府
平成7年度
 愛知県
平成8年度
 京都府
平成9年度
 青森県
平成10年度
 青森県
平成11年度
 青森県
平成12年度
 青森県
平成13年度
 青森県
平成14年度
 青森県
平成15年度
 青森県
平成16年度
 青森県
平成17年度
 青森県
平成18年度
 青森県
平成19年度
 青森県
平成20年度
 青森県
平成21年度
 青森県
平成22年度
 山口県
平成23年度
 青森県
平成24年度
 青森県
平成25年度
 青森県
平成26年度
 青森県
平成27年度
 青森県
平成28年度
 愛知県
平成29年度
 愛知県
平成30年度
 愛知県
2019年度
 山口県

過去大会まとめ 女子

過去には石川佳純(全農)が、四天王寺時代に大阪府代表として優勝を果たし、また平成25年度には地元山口県の代表として優勝を飾っている。


写真:石川佳純/提供:ittfworld

昨年度は、成年女子では、十六銀行に所属する加藤杏華、安藤みなみ、德永美子の3名が岐阜県代表として優勝へと導いた。少年女子では、皆川優香(神須学園)、高橋あかり(四天王寺高)、横井咲桜(ミキハウスJSC)を擁した大阪府が2年ぶりの優勝を果たした。

優勝チーム一覧

成年女子

平成元年度
 1部 京都府
 2部 埼玉県
平成元年度
 1部 神奈川県
 2部 北海道
平成2年度
 1部 神奈川県
 2部 東京都
平成3年度
 1部 神奈川県
 2部 千葉県
平成4年度
 1部 滋賀県
 2部 埼玉県
平成5年度
 1部 大阪府
 2部 香川県
平成6年度
 1部 大阪府
 2部 愛知県
平成7年度
 1部 滋賀県
 2部 福島県
平成8年度
 神奈川県
平成9年度
 大阪府
平成10年度
 京都府
平成11年度
 京都府
平成12年度
 熊本県
平成13年度
 宮城県
平成14年度
 埼玉県
平成15年度
 静岡県
平成16年度
 埼玉県
平成17年度
 岐阜県
平成18年度
 岐阜県
平成19年度
 静岡県
平成20年度
 茨城県
平成21年度
 茨城県
平成22年度
 広島県
平成23年度
 茨城県
平成24年度
 岐阜県
平成25年度
 山口県
平成26年度
 長崎県
平成27年度
 神奈川県
平成28年度
 広島県
平成29年度
 茨城県
平成30年度
 福井県
2019年度
 岐阜県

少年女子

平成元年度
 神奈川県
平成2年度
 神奈川県
平成3年度
 宮城県
平成4年度
 青森県
平成5年度
 香川県
平成6年度
 岐阜県
平成7年度
 大阪府
平成8年度
 大阪府
平成9年度
 大阪府
平成10年度
 大阪府
平成11年度
 宮城県
平成12年度
 宮城県
平成13年度
 宮城県
平成14年度
 宮城県
平成15年度
 大阪府
平成16年度
 青森県
平成17年度
 青森県
平成18年度
 青森県
平成19年度
 大阪府
平成20年度
 大阪府
平成21年度
 大阪府
平成22年度
 高知県
平成23年度
 大阪府
平成24年度
 青森県
平成25年度
 岐阜県
平成26年度
 福岡県
平成27年度
 大阪府
平成28年度
 大阪府
平成29年度
 大阪府
平成30年度
 愛知県
2019年度
 大阪府

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

男子ランキング
2020.11.30
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.11.30
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt