鄭栄植(チョンヨンシク)の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:鄭栄植(韓国)/提供:ittfworld

卓球選手紹介 鄭栄植(チョンヨンシク)の使用用具・大会成績・プロフィール

2021.05.02 文:ラリーズ編集部

2019年の世界選手権男子ダブルスで3位、2019年の韓国オープンベスト4など安定して好成績を残し、世界のトップ選手として活躍する韓国の鄭栄植(チョンヨンシク・韓国)について紹介します。

プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での成績についても紹介します。

常に安定した好成績を残し、李尚洙(イサンス・韓国)とともに現在の韓国の主力を担う鄭栄植のプロフィールを見ていきましょう。

>>同じく韓国代表・李尚洙(イサンス)の使用用具・大会成績・プロフィール
>>【卓球】五輪金メダリスト2名輩出 アジアの虎・韓国男子の強さとは|東京五輪ライバル国特集
>>韓国の鄭栄植が特技のラップを披露【卓球・ITTF Ask A Pro Anything】

鄭栄植とは?

鄭栄植は若いころから長年に渡って韓国代表選手として活躍し、日本人選手の前に立ちはだかってきたトップ選手の1人です。2015年の韓国オープンで優勝、2016年のグランドファイナルでベスト4、2019年のドイツオープンでベスト4など常に安定した好成績を残し続けています。

Tリーグにも参戦していた経験があり、中国選手ともたびたび熱戦を繰り広げる鄭栄植のプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

鄭栄植(チョンヨンシク)は1992年1月20日生まれの29歳(2021年5月時点)で、韓国の卓球選手です。その端正なルックスと高い実力で日本での人気も高い選手です。過去には世界ランキングで7位についたこともある世界のトップ選手です。


写真:鄭栄植(韓国)/提供:ittfworld

ジュニアのころから数々のワールドツアーに参戦し、シニアの大会でも徐々に実績を残していった鄭栄植。2010年には韓国代表として自身初の世界選手権代表に選出されました。

2016年には年間を通じてワールドツアーで好成績を残し、年末のグランドファイナルでベスト4に入ると翌年の2017年の2月には自己最高位の世界ランキング7位につけ、名実ともに世界のトップ選手としての立ち位置を確立しました。


写真:鄭栄植(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

2019年のワールドカップではシングルスとダブルスの2点起用で中国との決勝戦に出場し、ダブルスでは勝利を収め、シングルスでも惜敗したものの中国選手相手にフルゲームの激闘を演じました。

2019年の世界選手権ブダペスト個人戦では日本の水谷隼(木下グループ)にフルゲームの激闘の末に勝利するなど、長きにわたって日本選手や中国選手の前に立ちはだかる強大なライバルとなっています。

2021年に開催される東京五輪にも出場予定です。李尚洙、張禹珍(ジャンウジン・韓国)らとともに韓国代表として出場します。

プレースタイル

鄭栄植の戦型は、右シェーク裏裏ドライブ型です。長身を活かした威力のあるフォアハンドと、コンパクトで鋭いバックハンドを駆使して戦います。

特にバックハンドは彼の最大の武器です。コンパクトなスイングから繰り出されるバックハンドドライブは鋭く安定感もあり、彼の戦術の中心になっています。鋭いコースに連続して打ち込まれる鄭栄植のバックドライブは相手を圧倒します。


写真:鄭栄植(韓国)/提供:ittfworld

そして、持ち前の長身を活かして放たれるしなりのあるフォアドライブも彼の得点源になっています。得意のバックハンドでチャンスを作ると、威力のあるフォアハンドで一発で相手を打ち抜くパターンは鄭栄植のよく使う戦術です。

さらに、鄭栄植のプレーを語るうえで外せないのはその巧みなサーブです。一見して普通の順横回転サーブに見える彼のサーブですが、回転量も豊富で、長短やコースなど非常にわかりづらくレシーブしにくいサーブになっています。2019年の韓国オープンでの樊振東(ファンジェンドン・中国)を破った試合でもサービスエースでの得点が非常に多く見られました。

使用用具

鄭栄植の使用用具はラケットがXIOMの「アイスクリーム AZX i」、ラバーがフォア面が「キョウヒョウ3特注」、バック面がXIOMの「オメガVII ツアー i」を使用しているようです。

世界ランキング

鄭栄植の世界ランキングは2016年ごろから30位以内をキープし、2017年には自己最高となる世界ランキング7位の座につきました。2017年中盤から一時は100位程度にまでランキングを落としましたが、徐々に上昇させて2021年5月現在では13位につけています。

国際大会での主な戦績

 

2015年 韓国オープン シングルス優勝
2016年 グランドファイナル シングルスベスト4
2019年 韓国オープン シングルスベスト4
ドイツオープン シングルスベスト4

まとめ

長きにわたってワールドツアーや世界選手権で好成績を残し世界のトップ選手として活躍する鄭栄植。まもなく開催される東五輪やそのあとの国際大会でも日本人選手に立ちはだかる強大なライバルとなるでしょう。今後も彼の活躍から目が離せません。

>>鄭栄植の関連記事はコチラ

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt