上田仁の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:上田仁/撮影:ラリーズ編集部

卓球選手紹介 上田仁の使用用具・大会成績・プロフィール

2020.04.21

卓球国内リーグ・ノジマTリーグで「岡山リベッツ」に所属し、キャプテンとしてチームを率いる上田仁を紹介します。生い立ち、プレースタイル、使用用具、世界ランキングなどの基本的な情報から、26歳での早くはないプロへの挑戦までの特徴的な学生時代・実業団所属時代についても触れます。

国内のみならず、国際大会でも活躍している上田仁。今回は、そんな上田仁のプロフィールを見ていきましょう。

>>上田仁「カギはダブルスにあり」 岡山が仕掛ける“弱者の兵法”とは

>>『僕は卓球エリートではない』 上田仁“雑草”からの成り上がり

>>【卓球】パパアスリート・上田仁「意外ときつい」 子どもを肩車してトレーニング

上田仁とは?

上田仁は、若手の台頭が目立つ日本の卓球界において、26歳でプロ転向という異色のキャリアを持つ選手です。全日本社会人選手権で3年連続優勝などの国内での実績に加え、2018年のチームワールドカップで団体準優勝に大きく貢献するなど、国際大会でも多くの実績を残しています。また、所属チームである岡山リベッツの選手としてTリーグの1stシーズンから活躍しています。

プロフィール

上田仁は1991年12月10日生まれの28歳(2020年5月時点)。京都府出身です。

4人兄弟の末っ子で、聴覚障害を患っていた長男と長女がコミュニケーションの一環として卓球をしていた影響で3歳で卓球を始めます。長女上田萌は後に、デフリンピックで金メダルを獲得しています。


写真:上田仁/撮影:ラリーズ編集部

小学生時代に目立った活躍はありませんでしたが、中学時代、同世代のトップクラスの選手として活躍していた松平健太との接戦が青森山田中学校の監督の目にとまり、松平健太と同じく青森山田中学校に入学しました。そして、入部から2年で松平と並び、「青森山田の2枚看板」と呼ばれるほどの存在感を表します。

青森山田入学後は卓球漬けの日々を送り、中学1年生の時、全日本学生選手権カデットの部でベスト4に入る活躍を見せました。しかし自身「勝ち慣れていなかった」という当時は、初めての入賞を機に強いプレッシャーを感じ始め、その重圧から2年の頃には「辞めたい、帰りたい」と漏らしていたそうです。そんな上田仁でしたが、中学3年の時、ジュニアの国際大会メンバーに選ばれ、海外での試合による分析や経験を積み重ねたことをきっかけに自信が芽生えます。

高校卒業後、青森大学に進学し、卒業後は協和キリン(当時・協和発酵キリン)に就職し、実業団・協和キリンに所属します。

2015年から2017年にかけて全日本社会人選手権3連覇を成し遂げます。また、2017年にはワールドツアーでシングルス1回、ダブルス5回優勝という素晴らしい成績を残しています。


写真:上田仁/提供:アフロ

2018年2月にロンドンで行われたチームワールドカップにおいて、準決勝の韓国戦で大逆転勝利に貢献し、銀メダルに輝きました。帰国後協和発酵キリンを退社し、プロ転向を発表します。

2018年6月には同年10月からスタートするTリーグへの参加を表明している岡山リベッツに加入しました。初シーズンで岡山リベッツは惜しくも優勝を逃し、2位でシーズンを終えます。個人としては、チームメイトであり同じく勝率7割を超える森薗政崇とのダブルスにおいて岡山の最強ペアと称される強固なダブルスで15勝を挙げ、その年のノジマTリーグベストペア賞に輝きました。

2019年からのTリーグ2ndシーズンでは、岡山リベッツのキャプテンを務めました。

上田仁Twitter

上田仁Instagram

プレースタイル

上田仁の戦型は、右シェーク裏裏のドライブ型で、ピッチの速い両ハンドや巧みな台上技術を武器に試合を進めます。その中でもレシーブの引き出しの多さとカウンタードライブのうまさは国内トップクラスです。様々な技術を使い分ける器用さがあり、ペアが変わっても結果を残せるダブルスの名手としても知られます。

使用用具

上田仁はバタフライの契約選手で、用具は全てバタフライの製品を使用しています。ラケットはZLカーボンを搭載した特注ラケットで、ラバーはフォアに「テナジー05ハード」、バックに「テナジー05」を使用しているようです。シューズは「レゾラインマッハ」を使用しているようです。

世界ランキング

上田仁の世界ランキングは2016年7月時点では112位だったものの、2017年7月には順位を45位まで上げ、たった1年で、ランキングを約60位上昇させました。2018年3月にキャリア最高の23位にランクインしました。現在のランキングは261位(2020年4月時点)です。

国内大会での主な実績

2007年 全日本卓球選手権大会(ジュニアの部) 優勝
2008年 全日本卓球選手権大会(ジュニアの部) シングルス優勝
インターハイ シングルス準優勝
2009年 インターハイ ダブルス優勝
2010年 全日本学生選抜 シングルス優勝
2012年 全日本学生選手権 シングルス優勝
2015年 日本卓球リーグ・ビッグトーナメント 準優勝
全日本社会人選手権 シングルス優勝、ダブルス優勝
2016年 全日本社会人選手権 シングルス優勝、ダブルス優勝
2017年 ジャパントップ12 シングルス優勝
シチズンカップ日本卓球リーグ選手権 シングルス準優勝、ダブルス優勝
全日本社会人選手権 シングルス優勝
全日本卓球選手権 ダブルス優勝
2018年 全日本卓球選手権 ダブルス準優勝

国際大会での主な戦績

2007年 世界ジュニア選手権 ダブルス準優勝
2009年 ITTFジュニアサーキットファイナル シングルス優勝
2013年 ジャパンオープン ダブルス優勝
2017年 タイオープン シングルス優勝、ダブルス優勝
中国オープン ダブルス優勝
ブルガリアオープン ダブルス優勝
チェコオープン ダブルス優勝
オーストラリアオープン ダブルス優勝
グランドファイナル ダブルス3位
2018年 チームワールドカップ 団体準優勝

まとめ

インタビューなどでは自身を天才ではないと語る上田仁。しかし安定を求めて加入した実業団でのキャリアを閉じ、卓球人生を懸けたいと決意した26歳での決して早くないプロへの転向。Tリーグ1stシーズンで結果を残し、プロ転向は不正解では無かったことを証明しました。上田仁の挑戦に今後も目が離せません。

上田仁に関する記事の一覧はコチラから

上田仁に関する記事一覧

上田仁が活躍した試合の動画

男子ランキング
2020.10.01
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.10.01
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt