加藤美優の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
2019.06.28

加藤美優の使用用具・大会成績・プロフィール

写真:加藤美優(日本ペイントホールディングス)/撮影:千葉格(アフロ)

卓球新リーグ・Tリーグでも活躍し、国際大会でも成績をあげており、世界ランキングも日本人上位につけている加藤美優を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、世界ランキングを上げる要因ともなっている国際大会での戦績についても触れます。

2019年には世界卓球でベスト8入りし、急成長を見せ続けている加藤美優。今回は、そんな加藤美優のプロフィールを見ていきましょう。

加藤美優とは?

加藤美優は、2019年世界卓球選手権ブダペスト大会の日本代表最終選考会で、優勝候補であった早田ひな(日本生命)を下すなどし、世界卓球代表に内定しました。世界卓球でも当時世界ランキング8位の鄭怡静(チャイニーズタイペイ)を破り、自己最高のベスト8入りし、話題になりました。

他にも数々の大会で優勝を飾っている加藤美優のプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

加藤美優は、1999年4月14日生まれの20歳(2019年6月時点)。東京都出身。

父親の影響で6歳から卓球をはじめ、幼少期は美鷹クラブなどで腕を磨きました。2012年4月からは、JOCエリートアカデミー入りを果たしました。

2012年には小学生ながら全日本で一般シングルスベスト32に入りました。翌年には福原愛以来、中1でベスト16まで進出と、中学生時からその名を卓球界に轟かせていました。

2014年には全日本ジュニアの部シングルス決勝で平野美宇(日本生命)を倒し優勝も果たしています。世界でも、世界ジュニアでシングルス3位に2度入賞し、2017年の世界選手権ではシングルスベスト16、2019年には自己最高のベスト8に入りました。

伊藤美誠、平野美宇、早田ひなを含むこの世代は、卓球黄金世代とも呼ばれ、現在の日本女子卓球界を牽引しています。

プレースタイル

加藤美優の戦型は、右シェーク裏裏ドライブ型とオーソドックスなスタイルです。攻守に強さを見せ、バックハンドを武器とした前陣攻撃スタイルで、ラリー戦での安定性が際立ちます。

加藤美優は、「ミユータ」と命名し、早くから逆チキータを使っていたことでも知られています。

また、多彩なサービスを持ち、しゃがみ込みサービスでサービスエースを奪う場面も多々見られます。

使用用具

加藤美優の使用ラケットはバタフライの特殊素材ラケット「インナーフォースレイヤー ZLC」で、ラバーは両面「テナジー80」を使用しているようです。

世界ランキング

加藤美優の世界ランキングは2016年4月時点では62位だったものの、5月発表では30人抜きで32位に。2017年6月時点では25位になり、それから順位の上下はあったものの、2018年1月には自己最高の13位となり、2019年6月時点では日本人6番目の20位です。

国内大会での主な戦績

2010年 全日本卓球選手権(ホープスの部) 女子シングルス優勝
2011年 全日本卓球選手権(ホープスの部) 女子シングルス優勝
2013年 全日本卓球選手権(一般の部) 女子シングルスベスト16
2014年 全日本卓球選手権(ジュニアの部) 女子シングルス優勝
2016年 全日本卓球選手権(一般の部) 女子シングルスベスト16

国際大会での主な戦績

2016年 ハンガリーオープン U21女子シングルス優勝
ポーランドオープン U21女子シングルス優勝
オーストラリアオープン U21女子シングルス優勝
ブルガリアオープン 女子ダブルス優勝(森薗美咲ペア)
世界ジュニア卓球選手権 女子団体優勝、女子シングルスベスト4、女子ダブルス準優勝(早田ひな)
2017年 ベラルーシオープン 女子ダブルス優勝(森薗美咲ペア)
ポーランドオープン 女子ダブルス準優勝(前田美優ペア)
世界ジュニア卓球選手権 女子団体準優勝、女子シングルスベスト4、女子ダブルスベスト4(長﨑美柚ペア)
2018年 スロベニアオープン シングルス優勝
2019年 スペインオープン シングルス優勝
クロアチアオープン シングルス準優勝

まとめ

日本女子卓球黄金世代として、国際大会でも活躍し、世界のトップ層で活躍し続ける加藤美優。まだまだこれからの活躍が期待される加藤美優の今後の戦いにも注目です。

加藤美優に関する記事の一覧はコチラから

加藤美優に関する記事一覧

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.12.10
世界
日本
1
許キン(中国)
16600 pt
2
樊振東(中国)
16150 pt
3
馬龍 (中国)
15285 pt
1
張本智和(日本)
13890 pt
2
丹羽孝希(日本)
10200 pt
3
水谷隼(日本)
10065 pt
女子ランキング
2019.12.10
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15715 pt
3
劉詩文 (中国)
14955 pt
1
伊藤美誠(日本)
14590 pt
2
石川佳純(日本)
11515 pt
3
平野美宇(日本)
11325 pt
SNS
FOLLOW US