前田美優の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:前田美優(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

卓球選手紹介 前田美優の使用用具・大会成績・プロフィール

2021.04.01

国内大会や国際大会で活躍していた前田美優を紹介します。プロフィール、プレースタイル、使用用具などの基本的な情報に触れていきます。

Tリーグ3連覇に貢献した前田美優のプロフィールを見ていきましょう。

>>かつての“天才卓球少女”前田美優、15歳で訪れた転機 「不思議な光景」と「新たな価値観」とは

>>楽しく、強く。前田美優が常勝軍団・日本生命レッドエルフで輝く理由

前田美優とは?


写真:Tリーグサードシーズンファイナルでの前田美優(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

前田美優は全日本選手権の混合ダブルスでの3連覇や当時最年少でのワールドツアーでの優勝など国内外で好成績を残していた選手です。他にも数々の大会で好成績を残していた前田美優のプロフィールを見ていきましょう。

プロフィール

前田美優は1996年6月18日生まれ、年齢は23歳(2020年3月時点)の香川県出身です。


写真:当時小5の前田美優(2008年全日本選手権)/提供:アフロスポーツ

2008年の全日本選手権一般の部で小学5年生ながら、4回戦まで勝ち進み、話題になりました。中学は石川佳純(全農)らを輩出した強豪の四天王寺羽曳丘中学に入学し、中学1、2年の時に全国中学校卓球大会を2年連続で制覇しました。


写真:希望が丘高校時代の前田美優/提供:アフロスポーツ

高校は、最近では女子卓球界で注目されている早田ひな(日本生命)が卒業したことで知られる希望が丘高等学校に進学し、2013年の全日本選手権混合ダブルスでは、同校の先輩である田添健汰とペアを組み、見事優勝を果たしました。

また、2014年のITTFワールドツアーチリオープンでは、一般の部とU21の部の両方で優勝を果たしました。一般の部での優勝は当時史上2番目の若さでの優勝となりました。

高校卒業後は現在(2021年4月時点)も在籍している日本生命に所属し、全日本選手権混合ダブルスで3連覇するなど好成績を残しています。


写真:前田美優・平野美宇日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

また、Tリーグでは日本生命レッドエルフの一員として参戦し、Tリーグ3連覇に貢献しました。2020-2021シーズンはダブルスに専念してチームを支え、13勝5敗と勝率7割を超える成績を残しました。

2021年9月8日には、多くのファンに惜しまれながらも現役引退を発表した。25歳とまだ若いながらも怪我を抱えてのプレーが続いていたという。


写真:前田美優引退メッセージ/提供:日本生命レッドエルフ

前田は直筆のメッセージで「私事になりますが、この度20年間続けてきた現役を引退させて頂くことになりました。日本リーグからTリーグまで長い間たくさんのご声援ありがとうございました。今まで卓球を通じて携わって頂いた皆様に感謝しています。本当にありがとうございました。引き続き日本生命レッドエルフの応援よろしくお願い致します。 2021年9月8日 前田美優」とファンへ感謝を述べた。

Twitterは、インタビュー記事のリツイートや日本生命公式アカウントのリツイートをする形で使用しています。

前田美優のTwitter

プレースタイル

前田美優の戦型は左シェーク前陣速攻型で、テンポの良い攻撃が持ち味です。バックハンド系の技術が高く、相手がミスするほどのバックハンドでの速いラリーが持ち味です。

使用用具

前田美優はVICTAS契約時には、木材7枚合板のラケットである「丹羽孝希ウッド」、ラバーはフォア面が「V>15Extra」、バック面は「VO>102」を使用していたようです。

現在は、「クリッパーウッドWRB」にフォア「テナジー05」、バック「ハモンドFA」を使用しているようです。

世界ランキング

前田美優の世界ランキングは2014年1月時点で、142位だったものの、そこから徐々にランキングを上げていき、2017年1月には57位、2018年7月には自己最高位(2019年7月時点)である40位まで上がりました。

国内大会での主な戦績

2012年
全日本選手権 ジュニア女子シングルスベスト4
2013年
全日本選手権 混合ダブルス優勝(田添健汰ペア)
2014年
全日本選手権 ジュニア女子シングルスベスト8
2015年
全日本選手権 女子シングルスベスト4
混合ダブルスベスト4(田添健汰ペア)
2016年
全日本選手権 混合ダブルス優勝(田添健汰ペア)
2017年
全日本選手権 女子ダブルスベスト8(田代早紀ペア)
混合ダブルス優勝(田添健汰ペア)
2018年
全日本選手権 女子ダブルスベスト4(田代早紀ペア)
2019
ノジマTリーグ 2018-2019シーズン ファイナル優勝

国際大会での主な戦績

2014年
チリオープン 女子シングルス優勝、U21 女子シングルス優勝
ジャパンオープン U21女子シングルスベスト4
ベラルーシオープン U21女子シングルス準優勝
スウェーデンオープン U21女子シングルスベスト4
グランドファイナル U21女子シングルス準優勝
2015年
スペインオープン U21女子シングルスベスト4
韓国オープン U21女子シングルス準優勝
オーストリアオープン U21準優勝
2016年
カタールオープン U21女子シングルスベスト4
ブルガリアオープン 女子シングルスベスト4
中国オープン U21女子シングルスベスト4
2017年
ブルガリアオープン U21女子シングルス準優勝
オーストリアオープン U21女子シングルス準優勝
ドイツオープン  U21女子シングルスベスト4

まとめ

Tリーグの優勝ではチームに貢献する勝利を挙げていた前田美優。現役を引退し、第二の人生を歩み始めます。前田美優のこれからに注目です。

前田美優インタビュー


写真:前田美優(日本生命レッドエルフ)/提供:日本生命

>>かつての“天才卓球少女”前田美優、15歳で訪れた転機 「不思議な光景」と「新たな価値観」とは

>>楽しく、強く。前田美優が常勝軍団・日本生命レッドエルフで輝く理由

【動画】前田美優(日本生命レッドエルフ)に10個質問してみた


男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt