リアム・ピッチフォードの使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:2020年カタールオープンのリアム・ピッチフォード/提供:ittfworld

卓球選手紹介 リアム・ピッチフォードの使用用具・大会成績・プロフィール

2020.04.03 文:ラリーズ編集部

今回は、欧州で急成長を遂げる“日本キラー”のリアム・ピッチフォード(イングランド)を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

>>英ピッチフォードに聞く「最強中国の倒し方」と「Tリーグ参戦のワケ」

>>英ピッチフォード、“うつ”を乗り越えた過去を告白「同じ悩みを持つ人を助けたい」

>>日本人キラーを探せ!Tリーグ参戦海外選手の対日本人成績まとめ

リアム・ピッチフォードとは?

リアム・ピッチフォードは、2016年の世界選手権から徐々に復活の兆しをみせ、近年はさらに成長しているヨーロッパのトップ選手です。日本選手との相性ともよいことから、“日本キラー”として警戒する選手でもあります。

シングルスでの成績も徐々に上がってきていて、2020年のカタールオープンでは決勝に進出し見事準優勝を飾りました。ヨーロッパ国内でもティモ・ボル(ドイツ)やドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)、アジアでも馬龍(マロン・中国)や許昕(シュシン・中国)らに勝利するなど、世界トップの実力を持ち始めています。

プロフィール

リアム・ピッチフォードは、1993年7月12日生まれの26歳(2020年4月時点)です。イギリス出身で、Tリーグ・T.T.彩たまに所属していました。2019/2020シーズンから参戦し、水谷隼(木下グループ)や吉村真晴、2020年全日本選手権ベスト4の吉田雅己岡山リベッツ)に勝利した実績があります。さらに、デンマークのクラブチーム・ロスキレに所属し、ヨーロッパチャンピオンズリーグにも参戦していました。

また、イングランド代表としても2016年の世界選手権団体準決勝で日本チームと対戦、リアム・ピッチフォードは吉村や水谷と大熱戦を繰り広げました。張本智和(木下グループ)とも相性が良く、近年は勝ち越しています。

自身のInstagramには、大会の様子から私生活まで様々な写真が投稿されています。こちらも注目です。

View this post on Instagram

Weekend in London 🏙🎡👫🏼

A post shared by Liam Pitchford (@liam_pitchford93) on

プレースタイル

リアム・ピッチフォードの戦型は右シェーク裏裏の攻撃型で、高身長ながらも上手く処理できる台上技術と、長いリーチから繰り出される両ハンドドライブが特徴です。

リアム・ピッチフォードはラリーの中で緩急をつけるのが上手い選手です。ラリーになっても、途中でブロックをしたりかけ返したりと、相手に揺さぶりをかけることができ相手のミスを誘うのが上手いです。2020年のカタールオープンでは、準決勝で世界ランク1位の許昕を相手に緩急をつけたプレーで熱戦を繰り広げ、4-2で勝利し結果準優勝に輝きました。

高身長な選手は上回転での勝負を好む傾向があるため、相手のサーブに対してもあえて長いツッツキを利用して相手にドライブを打たせる展開が多いですが、リアム・ピッチフォードは自ら台上でフリックやチキータを駆使して仕掛けることが多いです。万が一相手に先に仕掛けられてもラリーで立て直せることができるため、台上から積極的に攻撃していきます。

使用用具

リアム・ピッチフォードはVICTASの契約選手で、ラケットは「ZX-GEAR OUT」、ラバーは両面に「V15 エキストラ」を使用しています。

「V15 エキストラ」を使用するトップ選手も多く、日本では丹羽孝希(スヴェンソン)や吉村和弘(東京アート)らが使用しています。相手に打ち負けることがない硬さと、フルスイングの時に繰り出される威力の高さがトップ選手に好まれています。

世界ランキング

リアム・ピッチフォードの世界ランキングは22位(2020年3月時点)です。

国際大会での主な成績

2013年 ドイツオープン U21男子シングルスベスト4
ポーランドオープン U21男子シングルスベスト4
2016年 世界選手権 男子団体3位
2018年 チームワールドカップ 男子団体3位
チェコオープン 男子シングルスベスト4
オーストリアオープン 男子シングルスベスト4
世界選手権 男子団体5位
コモンウェルスゲーム 男子ダブルス優勝
2019年 チームワールドカップ 男子団体5位
2020年 ヨーロッパトップ16 男子シングルス5位
カタールオープン 男子シングルス準優勝

まとめ

うつ病からの復活を遂げ、さらに高みを目指し成長する“日本キラー”が国際大会でどんな波乱を起こすのか。今後の彼の活躍に目が離せません。
>>リアム・ピッチフォードの関連記事はこちら

男子ランキング
2020.09.23
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt