笹尾明日香の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:笹尾明日香(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部

卓球選手紹介 笹尾明日香の使用用具・大会成績・プロフィール

2022.03.01

今回は、全日本ジュニア優勝、全日学選抜でも2度の優勝を誇る笹尾明日香(早稲田大)を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

>>【初心者必見】ツッツキのやり方とコツ|卓球基本技術レッスン

>>【頭で勝つ!卓球戦術】必ず身に付けたい鉄則のコース取りとは(前編)

>>プレイしている時間は2割。残りの8割は「掛け声」「表情」を見るべし

笹尾明日香とは?


写真:笹尾明日香(早稲田大学)/撮影:槌谷昭人

笹尾明日香はホープス時代から日本国内でも屈指の実力を誇っていました。横浜隼人時代には全日本ジュニア女王に輝いたり、国際大会でも上位に進出したりしていました。早稲田大学在学中には全日学選抜女子シングルスで2度の優勝を経験しました。

Tリーグでも活躍している笹尾明日香のプロフィールについて詳しく見ていきましょう。

プロフィール


写真:笹尾明日香(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

笹尾明日香は、1999年12月15日生まれの22歳(2022年3月時点)です。神奈川県横浜市出身で、5歳の時から卓球を始めました。小学生では日産ジュニアクラブ、横浜ジュニアクラブに所属してその才覚を露わにしました。東アジアホープスの日本代表にも選出されています。

中学は地元の強豪である横浜隼人中に進学、2012年の関東中学校卓球大会では女子シングルスで3位、団体で優勝と好成績を収めました。全日本カデットでもベスト8に入っています。中学卒業後も横浜隼人高校で実力に磨きをかけていました。2017年には全日本ジュニアで優勝を飾りました。

国際大会でもジュニアの部やU21の部でベスト4に入るほどの技術を身に着けていました。高校を卒業すると、早稲田大学に自己推薦で進学しました。2018年にはインカレで優勝すると全日学選抜でもシングルスで優勝を収めています。

2019年にはTリーグ・トップおとめピンポンズ名古屋に加入し、Tリーグ参戦しました。2021年には日本生命レッドエルフに所属し活躍していた一方で、全日学では女子複と女子団体で優勝を収め、全日学選抜では2度目のシングルス優勝を飾りました。

笹尾明日香はSNSも更新しています。こちらも注目です。

笹尾明日香のSNSはこちら!

Twitter

Instagram

プレースタイル

笹尾明日香は右シェーク裏表の前陣速攻型で、球質の差を利用して得点を重ねていくのが特徴です。

基本は前陣に張り付きながらフォアハンドでコースを突き、バックハンドの表ソフトではプッシュやドライブを駆使して様々な球質のボールを相手コートに送ります。

使用用具

笹尾明日香の使用用具は、ラケットはヤサカの『馬林エキストラスペシャル』、ラバーはフォア面にBUTTERFLYの『テナジー05』、バック面に表ソフトの『ラクザPO』を使用しているそうです。

『ラクザPO』は「ラクザ」シリーズ独自のスポンジを表ソフトに搭載したラバーで、裏ソフトのように回転がかけやすく操作しやすいと評判です。

>>卓球・ラクザシリーズを一挙紹介!ヤサカが誇る人気ラバーシリーズ

>>どのテナジーシリーズがあなたに合う?大人気卓球ラバーシリーズを徹底比較

世界ランキング

笹尾明日香の世界ランキングは705位(2022年3月時点)です。2017年には2桁ランクまで上昇していましたが、国際大会への出場が少なくなっていったためランキングが下がっています。自身最高ランクは2017年11月の80位です。U21では10位、ジュニアの部では9位まで上ったこともあります。

日本国内や国際大会での成績

2012年 関東中学校卓球大会 女子シングルス3位、女子団体優勝
2013年 全国選抜中学生卓球大会 女子団体優勝
2017年 全日本選手権 ジュニア女子シングルス優勝
タイジュニア&カデットオープン U18女子シングルスベスト4
チェコオープン U21女子シングルスベスト4
2018年 全日本大学総合卓球選手権大会 女子団体優勝
全日本学生選抜卓球大会 女子シングルス優勝
2019年 ユニバーシアード競技大会 女子ダブルス第3位、女子団体準優勝
2021年 全日本大学総合卓球選手権大会 女子ダブルス優勝(岩越帆香と)、女子団体優勝
全日本学生選抜卓球大会 女子シングルス優勝

まとめ

学生時代に数々のタイトルで優勝を獲得してきたトッププレーヤーが、社会人になってからも全日本やTリーグ、国際大会で活躍できるのか。今後の彼女の活躍に注目です。

笹尾明日香のインタビュー記事はこちら!

>>スポーツ推薦ではなく自己推薦で入学 早稲田大エース・笹尾明日香の卓球に懸ける決意

試合動画

>>笹尾明日香の関連記事はこちら

男子ランキング
2022.10.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
969 pt
3
篠塚大登(日本)
518 pt
女子ランキング
2022.10.06
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
早田ひな(日本)
3005 pt
2
伊藤美誠(日本)
2905 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt