梁夏銀(ヤンハウン)の使用用具・大会成績・プロフィール | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ブルガリアオープンの梁夏銀/提供:ittfworld

卓球選手紹介 梁夏銀(ヤンハウン)の使用用具・大会成績・プロフィール

2020.03.08 文:ラリーズ編集部

今回は、若くして9度世界選手権に出場、2015年の世界選手権で許昕(シュシン・中国)との国際ペアで混合ダブルス優勝を果たした、梁夏銀(ヤンハウン・韓国)を紹介します。プロフィール、使用用具、プレースタイルなどの基本的な情報から、国際大会での戦績についても触れていきます。

>>同じく韓国の崔孝珠(チェヒョジュ)の紹介記事はこちら

>>団体戦のダブルスは超重要!? Tリーグの試合結果から分析

>>プレイしている時間は2割。残りの8割は「掛け声」「表情」を見るべし

梁夏銀とは?

梁夏銀は、2009年の横浜大会から9度世界選手権に出場、2009年の韓国オープンのU21女子シングルスで国際大会初優勝を飾るなど、10代から並外れた実力と才能を評価されてきた選手です。また、2015年の世界選手権では許昕と組んだ国際ペアで混合ダブルスに挑み、決勝で吉村真晴(名古屋ダイハツ)/石川佳純(全農)ペアに勝利し金メダルを獲得しています。

プロフィール

梁夏銀は、1994年2月25日生まれの26歳(2020年3月時点)です。現在はTリーグ・トップおとめピンポンズ名古屋に所属しています。特に鈴木李茄トップおとめピンポンズ名古屋)と組んだダブルスでの勝率が高く、チームに勢いをつける重要な役割を果たしています。

また、韓国国内では大韓航空に所属し国内リーグに参戦しています。韓国代表としても活躍し、ワールドカップや世界選手権への出場回数も多いです。

私生活では、Facebookをよく更新しています。試合の真剣な表情を捉えた写真や、試合以外での和やかな表情を浮かべる写真が多くのファンを魅了しています。

プレースタイル

梁夏銀の戦型は右シェーク裏裏の攻撃型で、高速かつ安定したバックハンドの連打が特徴です。また、フォア面の粘着ラバーとバック面のテンションラバーによる球質の違いを利用したプレーも所々見られます。

現代卓球ではバックハンドの攻撃の質を高めることがアジア選手の課題として持たれています。ヨーロッパの選手が元々バックハンドを振る前提で卓球教育を受けてきたのに対し、アジアの選手は最初にフォアハンドから練習するため、必然的にフォアハンドに強みが出てくるのが傾向としてありました。

しかし、ここ数年でバックハンドに強みを持つ選手が世界のトップになってくるようになったことで、バックハンドを中心とした展開を作る選手が増加しました。男子でいえば樊振東(ファンジェンドン・中国)や張本智和(木下グループ)、女子でいえば平野美宇(日本生命)といった、バックハンドで強烈なドライブを放つ選手が増えてきました。

梁夏銀はその先駆者的存在ともいえます。自身のサービスからバックハンドの攻撃につなげる展開、レシーブから回り込みのチキータを利用してバックハンドのラリーに持ち込む展開など現代卓球を自身のプレースタイルとして貫いてきてます。

使用用具

梁夏銀の使用用具はラケットが紅双喜の「キョウヒョウ龍5」で、ラバーはフォア面に紅双喜の「キョウヒョウ3」の特注のもの、バック面にBUTTERFLYの「テナジー64」を使用しているそうです。アジアの女子選手の中で、フォア面に「キョウヒョウ」を始めとする中国製粘着ラバーを使用する選手が多くなってきています。

世界ランキング

梁夏銀の世界ランキングは80位(2020年3月時点)です。一時期は世界ランク50位以上をキープしていた時期もありましたが、現在は国際大会への出場が少なくなかなか順位を上げられずにいます。最高ランクは2016年2月の11位です。カデット時、ジュニア時の最高ランクは1位、U21時の最高ランクは3位と10代から世界で通用する実力を持ち合わせています。

国際大会での主な成績

2009年 韓国オープン U21女子シングルス優勝
2011年 ドイツオープン U21女子シングルス優勝
UAEオープン U21女子シングルス優勝
中国オープン U21女子シングルス優勝
韓国オープン U21女子シングルス優勝
オーストリアオープン U21女子シングルス優勝
2012年 中国オープン U21女子シングルス優勝
2013年 カタールオープン U21女子シングルス優勝
2014年 クウェートオープン U21女子シングルス優勝
2015年 世界選手権 混合ダブルス優勝(許昕と)
2017年 カタールオープン 女子ダブルス準優勝(田志希と)
ジャパンオープン 女子ダブルス準優勝(田志希と)
スペインオープン 女子ダブルス優勝(田志希と)
2018年 ドイツオープン 女子ダブルス準優勝(田志希と)
中国オープン 女子ダブルス準優勝(田志希と)
ポーランドオープン 女子シングルス優勝、女子ダブルス優勝(田志希と)
2019年 韓国オープン 女子ダブルス準優勝(田志希と)
オーストラリアオープン 女子ダブルス準優勝(田志希と)
ドイツオープン 女子ダブルス優勝(田志希と)

まとめ

若くして世界のトップ層に入った彼女がこれからの国際大会でどんな活躍を見せるのか。今後の彼女の活躍に期待です。

>>梁夏銀の関連記事はこちら

男子ランキング
2020.09.19
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.19
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt