始めの一球は大事!サーブをマスターしよう


文:ラリーズ編集部

卓球の試合に勝つためには、始めの一球となる「サーブ」が非常に重要です。サーブを上手く出す事で3球目を攻めやすくなり、試合を優位に進めることができます。サーブをマスターして、積極的に点を取りにいきましょう。
そこで今回は、卓球におけるサーブの基本的なルールやテクニックをご紹介します。

基本中の基本。サーブのルールについて

サーブは、卓球で必ず使うテクニックです。これを制すれば楽に点数が入るため、試合を優位に進めやすくなります。しかし、どれほどサーブが上手でも、ルールが守られていないと失点になってしまいます。サーブを打つときのルールを、きちんと押さえておきましょう。

ボールを隠さない

サーブでは、ボールを手のひらに乗せ、これをトス(ボールを少し投げること)して打ち込みます。この時、手のひら・腕・体等でボールを隠すことはルール違反になります。コート反対側にいる相手から見えるようにしてサーブを出しましょう。

ボールは必ず16cm以上の高さまで上げる

サーブには「巻き込みサーブ」「YGサーブ」「投げ上げサーブ」、「王子サーブ」などさまざまな種類があり、どの種類においても、ボールを最低16cm上げる必要があり、16cm未満だと失点となります。高く上げ過ぎると打つタイミングが難しくなるのですが、落下スピードを利用して回転量を増やしたり、相手がレシーブのタイミングが取り辛くなったり等のメリットがあります。
トスするときはコートから少し離れ、肘下のみを使い垂直に上へ投げるのが基本です。そして、必ず落下中のボールを打ちます。一度自分側のコートに打ち込み、バウンドにより相手側のコートへボールを運び入れましょう。

サーブを打つときは、上記のポイントを心掛けましょう。
なお、ボールがネットに当たり、相手側のコートに入った場合は、何度でも打ち直しすることができます。

試合を優位に進める!サーブのテクニック


卓球におけるサーブには、横回転サーブや下回転サーブといったテクニックがあります。これらのテクニックを利用することで、相手に返されにくい一球を打つことが可能です。そこで、サーブのテクニックと効率的な練習方法をご紹介します。

横回転サーブ

横回転サーブとは、ボールの側面を切るように打ち、ボールに横回転をかけるテクニックです。習得しやすい基本的なサーブとして「フォアサーブ」と「バックサーブ」が挙げられ、それぞれで打ち方が異なります。
フォアサーブは、肘下のみを動かし、振り子を描くイメージでボールの側面を切るように打ちます。このとき、ラケットは卓球台と垂直です。タイミングよく手首をひねることで、より強い横回転をボールにかけることができます。
バックサーブは、バックハンドの体勢からラケットを振り上げ、ボールの側面を切るように打ちます。フォアサーブ同様、ボールを打つ瞬間は卓球台に対し垂直にラケットを持ちましょう。

下回転サーブ

下回転サーブとは、ボールの下側面をこするように打ち、ボールに下回転をかけるテクニックです。下回転のかかったボールは、通常どおり打ち返してもネットにかかったり、意図しない場所に飛んでいったりと、非常に打ち返しにくいといわれています。このテクニックを用いるときは、卓球台に対してラケットを平行に持つのが基本です。
そんな下回転サーブは、シェークハンドよりもペンホルダーの方が手首を使いやすく出しやすいです。ボールに回転をかけるときに手首をひねるため、シェークハンドの方はラケットの持ち方を工夫しましょう。例えば、手をグーにした状態で、親指と人差し指でラケットを挟むといった持ち方がおすすめです。さらに、手首だけでなく肘を動かすことで、より回転力が増します。

ここからは、効率的なサーブの練習方法をご紹介します。

まず、短期間で上達を図るなら、難易度が高いとされるストレートのコースで練習するのがおすすめです。他のコースと比べ相手との距離が近いストレートで、しっかりとサーブを出せるようになれば、他のコースでも問題なくサーブを出せるようになります。一つひとつのサーブを確実に出すことで、相手にとってプレッシャーにもなります。

ボールに回転をかけるためには、トスから打つまでの練習を何度も繰り返し、感覚を掴むことが重要です。
また、ラケットを正しく持つことも非常に大切です。例えば、下回転サーブの場合、ラケットを斜めに持つ方が少なくありません。しかし、これではボールに回転がうまくかからないため、必ずラケットを水平に持つ必要があります。ボールをラバーに引っ掛けるイメージで打つのがコツです。

サーブをマスターして勝利を掴む!

卓球の試合中、最も集中するタイミングがサーブの瞬間だといわれています。相手にとって返しにくいボールを打ち、また相手のサーブをしっかりと見極めて打ち返すことで、楽に点を取ることができます。
ただ、サーブには守るべきルールがあり、これを破ることで得点のチャンスを失ってしまうこともあります。失点を防ぐためにも、ルールはしっかり把握しておきましょう。加えて、回転というテクニックを利用することも重要です。テクニックを習得するほど相手にプレッシャーを与えることができるため、一つひとつマスターしていくことが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう