【卓球入門】確実に点を取るために。スマッシュを習得しよう!


文:ラリーズ編集部

相手コートから飛んできたチャンスボールを思い切り「スマッシュ」し、相手コートに叩きつけるのは卓球の醍醐味です。シンプルな動作でありながら、完璧に習得するのが難しいとされるスマッシュですが、マスターすれば高い確率で得点を奪える強力な武器となるのです。

今回は、卓球の基本でありながら、プレーヤーの得点力を左右する重要なテクニックのひとつ、スマッシュについてご紹介します。その特徴をはじめ、効率的な練習方法からコツの掴み方、スマッシュを活用した戦術にも触れています。

スマッシュとは

スマッシュは強烈なパワーで打球を飛ばせる決定打であり、試合の勝敗を左右する“必殺技”といっても過言ではありません。卓球のみならず、テニスやバドミントンなど、さまざまなスポーツで使われています。

スマッシュの特徴

相手にとどめを刺せる大技である一方、誤魔化しが一切効かないテクニックでもあるのも事実。何度も練習を重ね、“ここぞ”というときに使えるよう、基本的な動きはマスターしておくことが大切です。

そのためにも、まずは基本的なフォームを身につけることが重要です。基本的には、肩が前に来るよう腰をひねりながらバックスイングを取り、フリーハンドでしっかりとボールを呼び込みます。続いて、ラケットを誘導するよう腰を使い、思いっきり前に打ち込みましょう。腰・ラケット・フリーバンドの3つがしっかり連動することで、卓球における正しいスマッシュのフォームが生まれるのです。

スマッシュの練習方法

スマッシュの練習に最も適しているのは“多球練習”です。まずは、パートナーに一定の方向から球を送り出してもらい、さまざまなコースに打ち分けます。それに慣れてきたら、次はフォアとバックで交互に出してもらい、フットワークを絡めた練習に挑戦です。自身のフォームを細かくチェックし、狙ったコースに安定して打ち込めるようになるまで、根気強く練習を続けるとよいでしょう。

スマッシュのコツ

力強いスマッシュを決めるコツは、「ラケットの角度」と「打点」を意識すること。スマッシュはいわば“ボールを弾く技術”であり、角度と打点を最良の状態にすることで、決定率が大きく向上します。実際にボールを打ち込むときは、ラケットの角度を固定させたまま相手コートに叩きつけるイメージし、体重移動をうまく利用して力強くボールを打球するのです。

スマッシュ自体はそこまで難しいテクニックではありませんが、ラケットの角度や打点が悪かったり、力が入りすぎたりするとうまく決まりません。“ボールの頂点”を目で捉え、余計な力が入らないよう意識して打ち込むと、きれいなスマッシュを決めることができます。

また、打点の低いボールに対し、無理にスマッシュで返そうとする人がいますが、それには相当な技術が必要です。たとえ試合中であっても「このボールはどうやって返そう?」ということを常に考えながら、次の一手を冷静に判断することで、試合運びを有利に展開する鍵となります。

スマッシュを使った戦術

そんなスマッシュを使った基本的な“戦術”に関してですが、前提として、スマッシュとドライブを状況に応じてシフトし、自由に使いこなせるようになる必要があります。しかし、このふたつの切り替えは難易度が高く、“ドライブからスマッシュを打つ場面”はさらに難しいもの。どうしてもスマッシュとドライブを上手に切り替えられないという方は、以下の2点を意識してみてください。

スイングの幅を小さくする

できるだけ小さい幅のスイングを心掛けましょう。大きく後ろに引くバックスイングは、インパクト後のフォロースルーも大きくなってしまい、定位置に戻るのが遅れがちになります。明らかにスマッシュできるチャンスボールが返ってきても打つのが間に合わず、ドライブに切り替えてしまう人が多い様子。一つひとつのチャンスをしっかり“もの”にできれば、得点を奪えるだけでなく、相手にプレッシャーをかけることができるのです。

そのため、前陣でラリーを展開している最中のドライブは、バックスイングをできるだけ小さくすることが大切。腰・肩の速い回転と、脇から下の筋肉を生かして打球できればフォロースルーが小さくなるので、腕の戻りも早くなるのです。

ドライブも水平的なスイングに

ドライブのスイングをスマッシュに近い水平的なものに近づけましょう。ボールに下回転がかかっているとき以外の話ではありますが、ドライブからスマッシュへの切り替えが圧倒的に早く、それでいてやりやすくもなります。ボールを前方に打ち出すようなフォロースルーを意識することが大切です。

スマッシュを利用して自分に有利な試合展開をしよう

力強いスマッシュをマスターできると、試合の流れを一気に掴むことができるようになります。自身に有利な卓球を展開するためにも、基本フォームやインパクトのタイミング、ドライブとの切り替えを重点的に練習し、高い決定力を身につけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう