「足元に革命を」いま注目のダイヤル式シューズを支える「BOA®(ボア)」とは何なのか | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:BOAフィットシステムを搭載したウェーブメダルBOA/撮影:槌谷昭人

卓球用具紹介 「足元に革命を」いま注目のダイヤル式シューズを支える「BOA®(ボア)」とは何なのか

2021.09.12 取材・文:槌谷昭人(ラリーズ編集長)

まだ記憶に新しい、東京五輪混合ダブルス金メダル。その立役者である伊藤美誠(スターツ)の足元にあるダイヤルに、ふと目がいった。


ITTFワールドツアーハンガリーOPでの伊藤美誠/提供:ittfworld

靴紐でなく、ダイヤルを回して締める。


現在使用されているダイヤルは左右ともつま先側(右足は右回転、左⾜は左回転)に回転させて締め込む(※ウェーブメダルSP3のダイヤルは左右ともに右回転)

先日放送されたテレビ番組『ガイアの夜明け』でも特集されていた、あのシューズだ。
実は、インターハイや全中などの学生の全国レベルの大会会場でも、近年よく目にするようになってきている。


インターハイなどの全国大会でもよく見るようになってきた

BOA(ボア)って何だ?

    BOAフィットシステム(通称BOA)は、アメリカのBOAテクノロジー社(以下BOA社)が開発し、ブランドパートナー各社製品に搭載されているダイヤル式フィットシステムのことだ。

    シューズのフィットにおいて不可欠な、ダイヤル、レース、ガイドの3つのパーツで構成されている、あのダイヤルだ。


    BOAフィットシステムを搭載したウェーブメダルBOA/撮影:槌谷昭人

    BOA社は、アメリカのコロラド州で2001年に創業されたエンジニアリングカンパニーだ。
    このダイヤル式フィットシステムは、創業者がスノーボードブーツの紐を結ぶ際の手間から着想を得た。

    その後20年の間に、サイクリング、ゴルフ、登山、バドミントン、トレイルランニングなど多くのカテゴリーに広がり、現在BOAを採用するブランドパートナー(スポーツギアメーカー)は300社以上に及ぶ。近年、サイクリングのツール・ド・フランスでは、出場アスリートの約7割がBOAフィットシステム搭載シューズを履いていたというから驚きだ。


    2021 ツール・ド・フランス、確かにダイヤル式シューズばかりだ/提供:AFP/アフロ

    彼らの事業をひと言で表現するなら、シューズにおける「フィットの再定義」に挑む技術開発、と言えるだろう。


    コロラド州に最新設備を備えた「パフォーマンスフィットラボ」を持ち開発を行う/提供:BOA TECHNOLOGY JAPAN

    2014年、卓球シューズ開発スタート

    BOAを採用した卓球シューズの開発が始まったのは2014年のことだ。
    既に、BOAフィットシステムを搭載したゴルフシューズを日本のミズノと共に開発・発売し、瞬く間にユーザーに広がっていった実績から、ミズノが手掛ける別カテゴリーのスポーツの中から、卓球が選ばれた。


    BOAフィットシステムは現在多くのカテゴリーのシューズに広がっている/提供:BOA TECHNOLOGY JAPAN

    最初に発売されたのが2015年、ウェーブメダルSP3(秋冬モデル)である。今も販売を続けるロングセラー商品となっている。
    現在発売されているダイヤル式卓球シューズは、ウェーブメダルSP3、ウェーブメダルBOA、ウェーブメダルSP4(いずれもミズノ、発売順)の3種類である。

    BOAフィットシステムのメリットとは

    別に紐で困ってないけど、という卓球プレーヤーの声も聞こえてくるが、実はこのBOAフィットシステム、ただ紐をダイヤルに置き換えただけではない。

    もちろん、脱着性の良さ好みの締め付け設定が容易であることは、このダイヤル式のメリットだが、それに加えて、アッパー部分の構造変化により、アスリートのパフォーマンス結果が改善されるという興味深い研究論文が、アメリカのデンバー大学との共同研究により発表されたのだ。※2021年1月/Footwear Science掲載

    一般的に、シューズの機能といえば、アウトソール(地面との接地面)のグリップや、ミッドソール(アウトソールとインソールの中間部分)のクッション設計が注目されることが多いが、アッパー部分の構造変化は、パフォーマンスにどういう効果をもたらしたのだろうか。


    BOAフィットシステムを搭載したウェーブメダルBOA/撮影:槌谷昭人

    実験概要

    ラクロス、ラグビー、サッカー、テニスの男性アスリート31名が実験に参加し、反復スケータージャンプ、反復垂直跳びなど4動作について、シューズのアッパー(締め付け)部分のみ4種類変化させて実験を行っている。

    反射マーカー38個と、カメラ11台によるモーションキャプチャでアスリートの身体セグメントを記録し、踏み込み1回毎に、接地時間、最大伸張性筋力発揮率など計6項目の変数を計算する、大掛かりな生体力学に関する実験である。

    シューズのアッパー部分は下記4種類だ。


    (左から)従来のシューレース、レースリプレイスメント、トライパネル、Yラップ)/提供:BOA TECHNOLOGY JAPAN

    敏捷性に大きな効果

    結果は、トライパネルとYラップの場合、従来のシューレースと比較して、様々な動作パフォーマンスの結果が改善していることがわかった。


    数値の改善が顕著に見られたトライパネル(画像左)とYラップ(画像右)構造

    特に注目するべきは、卓球にとって最も重要な敏捷性に関わる動作において、水平方向(反復スケータージャンプ)、垂直方向(反復垂直跳び)両方において、トライパネルでのパフォーマンス数値向上が最も顕著であったことだ。変数7項目のうち4項目で改善が見られる。


    トライパネル構造

    アッパー部分以外はすべて同じ条件下でもパフォーマンスに顕著な変化が起こった理由について、こう考察している。

    「シューズのアッパーは、足とシューズの連結をサポートし、足の稼働に適した環境を提供するもの。今回、エネルギーロスの減少につながる、よりフィットするアッパーの機械的要素がパフォーマンスに影響を及ぼしたと考えられる」。


    写真:パフォーマンスフィットラボでは多くの開発と実証実験が行われている/提供:BOA TECHNOLOGY JAPAN

    卓球シューズではウェーブメダルBOA

    さて、少し難しい話になってしまったが、このトライパネル構造を搭載しているのが、卓球シューズではウェーブメダルBOAだ。


    トライパネル構造を搭載するウェーブメダルBOA/撮影:槌谷昭人

    アッパー構造に加えて、ウェーブメダルSP3との大きな違いは、シューレース(靴紐に相当する部分)がそれまでのワイヤーからテキスタイル(非金属繊維)になったことだ。

    巻きグセがつかなくなったシューレース

    このテキスタイルレースには、超高分子量ポリエチレン繊維と呼ばれる素材が使用されている。軽量ながら強い引っ張り強度と柔軟性を持ちあわせ、パラシュートや登山、船舶用ロープなどにも使用されている素材だ。

    ワイヤーと比較すると当たりが柔らかく、かつ巻きグセがほとんどつかず、大幅に緩めても絡みにくい。“シューレースについての故障の相談はほとんど無くなった”とBOA TECHNOLOGY JAPANのマーケティング担当者も実感する。


    テキスタイル素材はとても柔らかい

    シューレースの変更に合わせて、ガイドの素材も樹脂からテキスタイルにすることで摩擦係数を減らすなど、細やかな工夫が施されている。


    シューレースを通すガイドもテキスタイルになった

    ダイヤルはカートリッジ方式に

    BOAのあの象徴的なダイヤルやレースは、実は何度でも無料交換が可能である。
    ただ、レアケースながらダイヤルの内部のマウント部(受け側)が破損してしまうと、ダイヤルとレースを交換しても完全に修理できないという事例があったという。

    今回それを改善するために、ダイヤルもカートリッジ方式を採用している。
    割れる可能性のあったマウント部の素材を、ポリカーボネイトからソフトナイロンにして割れなくなった。

    ウェーブメダルBOAやウェーブメダルSP4に採用されているのはL6というロウカット用ダイヤルの第6世代となる。あのダイヤルもずっと改良が続けられている。


    自分で交換する作業もより簡単に

    取材を終えて

    技術の進化は本質的に不可逆なものだ。

    ゴルフ、ロードレースなどのカテゴリーでは既に、紐のシューレース製品の方が少ないと聞く。
    iPhoneやUberのように、そして卓球技術で言うならチキータやペン裏面のように、革命的な新技術が受け入れられるのは早い。

    「フィットの再定義」を掲げ、最新設備の中でパフォーマンス向上のための技術開発を続けるBOA社の話を聞きながら思った。

    数年後、ダイヤル式でない理由を探すほうが難しい時代が来るのかもしれない。


    パフォーマンス向上のための先進技術が詰め込まれていた/撮影:槌谷昭人

    BOAフィットシステムに関する詳細は>>BOAFit.com

男子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt