前の記事へ
次の記事へ
2018.12.01

“つかむ”感覚の追求 フォルティウスFTは攻撃力と繊細さを兼ね備えた卓球ラケットだ

写真:フォルティウスFT

MIZUNO社のラケット「フォルティウスFT」は、7枚合板モデルで、攻撃型プレーヤーために開発された、攻撃と繊細さが追求された卓球ラケットです。果たして、「フォルティウスFT」にはどのような特徴や性能があり、どのような選手に適しているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

フォルティウスFTとは?

フォルティウスFTとは、MIZUNO社により開発された卓球ラケットです。7枚合板モデルであり、スピーディで威力のある攻撃ができると同時に、繊細さが追求されており、攻守ともに優れている「前・中陣攻撃タイプ」のラケットとなっています。

スペックはMIZUNO社基準で、スピードはミッドファースト、打球感はハードと硬め、サイズはFL(フレア)、ST(ストレート)共に158×150mm、ブレード厚はFL、ST共に6.4mm、グリップは、FL100×25mm、ST100×23mm、重量は92gとなっています。

また、元日本代表の藤沼亜衣監修モデルということから、その開発経緯には壮大なストーリーがあります。詳しくは、次の特徴のところでご紹介します。

フォルティウスFTの特徴

では、フォルティウスFTの特徴を具体的に見ていきましょう。

●7枚合板の木材が繊細なボールタッチを生み出す
一番特徴は、7枚合板であるという点にあります。攻撃型プレーヤーのために開発されていながら、繊細なボールタッチ、すなわち細かいプレーやボールの緩急が追求されています。このことから、スピーディで威力のある攻撃と繊細さを求める攻守のバランスに優れた性能を発揮します。

●“つかむ”モデル
元日本代表である藤沼亜衣監修の、“つかむ”ことが追求されたモデルであることも大きな特徴です。7枚合板といえば、「よく弾く」、「重いボールが打てる」などのハードなイメージがありましたが、それに加えて、まるで素手でつかむかのようなコントロール性を向上させています。「FINE TOUCH(ファイン タッチ)」の頭文字をとってフォルティウスFTと名づけられた経緯があります。
“素手でつかむかのような”という意味は、「飛ばしたいときに飛ぶ、止めたいときに止まる」「自分の思った強さのボールを打つことができる」「自分の手との一体感があり、自分の意思がしっかりとボールに伝わる」というようなラケットの感覚があることです。結果的に、この理想的なボールを“つかむ”ラケットが完成しました。

●他シリーズとの違い
フォルティウスFTは、フォルティウスシリーズの一つで、他にフォルティウスFT5、フォルティウスFT LighT、フォルティウスFT ver.Dの3つがあります。

フォルティウスFT5は5枚合板となっており、フォルティウスFTの打球感はそのまま残りつつも、5枚合板ならではの“しなる”感覚と操作性の良さがミックスされたモデルです。ブレード厚が6.6mmとやや厚めに作られています。

フォルティウスFT LighTは、フォルティウスFTのスピード感は残されたまま、軽量化されたモデルで、レスポンス向上が実現されているモデルです。

フォルティウスFT ver.Dは、新素材「DUAL WEB」が搭載されたモデルです。7枚合板に加え、特殊素材(デュアルウェブ)2枚が、最も“飛び”に影響する最上層と2層目の間に搭載されることでパワーアップしてます。

フォルティウスFTに向いているプレーヤー

以上のような特徴を持つ卓球ラケット、フォルティウスFTはどんなプレーヤーが向いているのでしょうか。確認してみましょう。

●台上で繊細な技を繰り出したいプレーヤー
このラケットの特徴は、繊細さが追求されていることです。ドライブの威力を上げたい選手はもちろん、パワーを出しつつも台上では繊細な技が出したいというプレーヤーに向いています。

●パワーがあるプレーヤー
レビューでは、やはり「球をつかむ打球感が得られる」という声が多くあります。このことから、弾みすぎないオールラウンドラケットとして抜群の性能を発揮すると考えられます。世界代表クラスの選手も使っていることや、重量感があることから、使用するために一定の筋力・パワーは必要とされるようです。

まとめ

フォルティウスFTは、7枚合板でただ弾むだけでなく、“つかむ”感覚が追求された卓球ラケットです。世界大会出場選手監修ということもあり、パワーが期待できます。

文・ラリーズ編集部

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.01.17
世界
日本
女子ランキング
2019.01.17
世界
日本
SNS
FOLLOW US