朝田茉依(同志社大学)の用具紹介|俺の卓球ギア#5 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2018.03.02

朝田茉依(同志社大学)の用具紹介|俺の卓球ギア#5

卓球パーソンのこだわりグッズを紹介する「俺の卓球ギア」。

第5回となる今回は、希望が丘高校時代にレギュラーとして全国選抜団体準優勝に貢献、同志社大学(※)では政本と組んだダブルスで全日本ベスト8に入賞した朝田茉依選手のギアを紹介する。
同志社大学卓球部は、現在男女ともに関西学生リーグ1部に所属している関西の強豪校である。女子卓球部は平成27年度全日本大学総合選手権・団体の部で準優勝している。

朝田茉依の卓球ギア

・ラケット:ビオンセロ(FL・ニッタク)
・ラバー:F ファスタークC-1(厚・ニッタク)/B HAMMER(極薄・BOMB)
ファスタークC-1の購入はこちら(外部サイト:卓球ナビ)
・こだわり:同志社大学タオル、マリオピカチュウのぬいぐるみ、ピカチュウ手帳
※ギアは2018年2月時点のもの

ラリーズ編集部のコメント

現在同志社大学2年の朝田茉依は、希望が丘高校出身のカットマンである。

朝田は政本と組んだダブルスにおいて、平成28年度全日本選手権ベスト8入賞、平成29年度関西学生チャンピオンと好成績を収めている。

シングルスでも1年生から同志社大学のレギュラーとして活躍し、関西学生リーグ4季で合計26勝 1敗と圧倒的な成績を残している。

使用用具は、ビオンセロ(FL)にフォア:ファスタークC-1(厚)、バック:HAMMER(極薄)。

「私はラケットやラバーの用具の違いが分からないので、昔から使用しているものをずっと使っています。バックのラバーは中国製で楽天の通販で購入しています。変化が勝手につくので、試合でもよくラバーに助けられています。私はカットマンですが粘れないので、いかに変化で相手を迷わせるかが勝負だと思っています。」

また、朝田はこだわりのギアとして、同志社タオルとピカチュウグッズを挙げた。

「タオルは貰い物で、同志社のタオルを使えば勝てるのではないかと思ってなんとなく毎回試合には持っていっています。私はピカチュウが好きで、マリオとコラボしているピカチュウはカバンに着けて試合に連れて行っています。手帳は最近買ってお気に入りです。」

リーグ戦で全勝することが今後の目標という朝田の活躍から目が離せない。

他の選手のギアはこちら

文:山下大志(ラリーズ編集部)

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.08.25
世界
日本
1
許キン(中国)
15980 pt
2
樊振東(中国)
15470 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13495 pt
2
丹羽孝希(日本)
10800 pt
3
水谷隼(日本)
10695 pt
女子ランキング
2019.08.25
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15380 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
石川佳純(日本)
13608 pt
2
伊藤美誠(日本)
12735 pt
3
平野美宇(日本)
11965 pt
SNS
FOLLOW US